トヨタ

元祖ミニバンのトヨタ・エスティマ、流用モデルとなった理由と車としての能力

トヨタには大型ミニバンと呼ばれるモデルが3つほどあります。
アルファード、ヴェルファイア、そして唯一最初からミニバンとして作られたモデルのエスティマです。
このエスティマ、発売当時からいろいろとあったようですが、ここではミニバンとして、大衆ファミリーカーとしてではなく、「走るクルマ」としての魅力を探ってみたいと思います。

トヨタ・エスティマってこんな車

エスティマが発売されたのは1990年のこと、この頃はまだ「ミニバン」という言葉もない時代で、発売されていたモデルもキャラバンやホーミー、バネット・セレナ、ハイエース、タウンエース、ライトエースなどといったいわゆる「ワンボックスワゴン」となっていた時代です。

車の作りもワンボックスカーならではの「キャブオーバー」型のFRレイアウトといった形となっており、当時としては「ワンボックスワゴンはこれ以外のスタイルは考えられない」とされていました。

その中で突然発売されたのがこのトヨタのエスティマで、それまで完全な箱型、ワンボックス形状だったボディではなく、今でいうところのワンモーションスタイルの丸みを帯びたボディ、わずかに突き出たボンネット、傾斜の強いフロントウィンドウ、低めの全高、そして何よりも驚かされたのはエンジンレイアウトでした。

先ほども書きました通り、当時のワンボックスカーはフロントシートの下にエンジンを置く「キャブオーバー型」FRレイアウトのが一般的だったのですが、このエスティマではエンジンをフロントシートとセカンドシートの間、フロントアクスルより後ろの位置に置く「フロントミッドシップレイアウト」を取り、駆動方式もFRとしたのです。

当時は、ワンボックスカーでミッドシップレイアウトを取るとエンジンを収める部分がキャビンを圧迫して、ワンボックスカーで最優先しなければならないキャビン寸法を短く、小さくしてしまうなどといわれていました。
しかし、トヨタはエンジンを横置きにするのと同時にエンジン自体を極端に傾けて収めることでエンジンルームとしての高さを低くしてキャビンが狭くなることを極力防いだわけです。

これによってそれまでのワンボックスワゴンでは実現できなかった優れた回頭性を得ることができたわけですが、実はこのフロントミッドシップを取ったエスティマを作ることはトヨタとしては想定外の出来事だったのです。

これがまず1番目の特別な出来事です。
実は、当時のトヨタは小型軽量の2ストロークエンジンをミッドシップレイアウトで搭載するミニバンの発売を計画しており、それに搭載するためのエンジンも開発していたのですが、今ほどではありませんが当時も厳しい排ガス規制が敷かれていたことから何かと排気ガスが汚れる2ストロークエンジンではそれをクリアすることができず2ストロークエンジン搭載のミニバンの発売が実現しなかったのです。

しかし、車はもう作ってしまいましたので後戻りはできません。
そこで急遽、当時発売されていたハイエースに搭載していた2.4リッターの2TZ-FE型をほぼ真横に近いところまで傾けて何とか狭いエンジンルームに収めて作ったのがエスティマだったわけです。

ちなみに当初予定していたパワーユニットが搭載できないことから急遽違うパワーユニットを搭載して発売されたモデルが他にもあります。
あのメルセデスベンツから発売されていた初代Aクラスです。
AクラスはもともとEVとして開発されたものだったのですが、EVとしてのパワーユニットやバッテリーの開発が頓挫したことから急遽1.6リッターエンジンを搭載して、既に作ってしまった車体が無駄にならないようにしました。
その結果、すぐに横転するメルセデスベンツ初のコンパクトカーの発売となったわけです。

このようにして当時としては珍しい、ワンボックスワゴンを先祖に持たない専用設計のミニバンが発売されたのですが、「大型ミニバン」という概念がなかった当時ではこのモデルのボディサイズは大きすぎる、そして「どうしてこんなに価格が高いの?」ということで売れ行きはさっぱりでした。

そこでトヨタはテコ入れをします・・・これが2番目の特別な出来事です。
なんとエスティマに弟分を作ります。

「ボディが大きいって言うなら小さくしてやる!」

といったことでしょうか、ボディサイズだけを5ナンバー枠に収まるようなモデル作ったのです。
それが販売チャネル違いの兄弟車である、「エスティマ・ルシーダ」「エスティマ・エミーナ」でした。

エンジンは2.4リッターのガソリンエンジンとなっていたので登録上は3ナンバーということになりますが、ボディが小さくなったことで大ヒットモデルとなりました・・・テコ入れ成功です。

大きなエスティマと小さなエスティマ兄弟車、初代モデルはこのスタイルのままで2000年まで発売されました。
しかし、その2000年に行われたモデルチェンジでまた特別な出来事が起こりました。
それは、エンジンレイアウト、ドライブトレーンレイアウトが大きく変わったことです。

こうなった理由は単に「コスト削減」をしたかったからで、この2代目モデルとなるエスティマは開発費をかけて新規開発をすることなく、新たに作る部品点数を少なくするためにV20系型6代目カムリをベースにして作られるようになったのです。

カムリはエンジン横置きのFFレイアウトを持つセダン・‥ということは2代目エスティマは、エスティマの一番の個性であるミッドシップレイアウトをやめ、フロントエンジン・フロントドライブの普通の車になってしまったのです。
実はこの作りがその後のトヨタの大型ミニバンの基礎となります。

FFレイアウトとなった2代目モデルには3リッターV型6気筒エンジン、2.4リッター直列4気筒エンジンといったエンジンを搭載するモデルの他に、国産大型ミニバンで初となるハイブリッドモデルも用意されていました。
ガソリンエンジンモデルもハイブリッドモデルも発売当初はかなり売れていたのですが、ある一時期を境に次第に需要が低迷していきました。
理由は同じコンポーネントを使って作られたミニバンが新たに2台も作られるようになったからです。
そのモデルが「アルファードG」と「アルファードV」です。

現在発売されているアルファード・ヴェルファイア兄弟車の前身となる両モデルは「エスティマのボディ違い」といっていいほど似通った車として作られていたのですが、この両者はごく一般的なコンサバティブなミニバンらしいボディのデザインとそれまでの乗用車にはなかったほどの豪華なインテリア、至れり尽くせりの快適装備が採用されていたことから、同じ大型ミニバンを購入するのであれば、誰もがエスティマではなくアルファードGやアルファードVを選ぶようになってしまったのです。

こうした状況を打破しようということでエスティマは2006年にモデルチェンジします。
プラットフォームも当時では最新型だった新MCプラットフォームになり、デザインは先代モデルからのキープコンセプトながらシャープなイメージを持つものとされました。

このモデルも発売当時は「新型モデル需要」ということでかなり売れましたが、またもやkのモデルでもある一時期を境に販売台数が激減してしまったのです。
それがアルファードG、アルファードVの後継モデルとなる初代アルファード・ヴェルファイア兄弟車の発売でした。

モデルチェンジによってエスティマもかなり高級な車へと変貌を遂げたのですが、更なる高級感を持つアルファード・ヴェルファイア兄弟車にはかなわず、先代モデルの時と同じ状況になってしまったのです。

その後アルファード・ヴェルファイア兄弟車は2015年に初めてのモデルチェンジを受けて新しくなるのですが、エスティマはモデルチェンジはおろか、生産終了が計画されていたのでした。

確かにエスティマに新しいモデルを作って発売してもそのすぐ後にアルファード・ヴェルファイア兄弟車がモデルチェンジして新しいモデルを発売してしまえばまたエスティマが売れなくなってしまうのがわかっていますし、アルファードG、アルファードVが発売された時から「モデルカブリ」をしていることを薄々感じていたのですからこうなってもおかしいことではありません。

しかしまたここで3番目の特別な出来事が起こるのです。
それはエスティマファンの声による生産継続でした。
当初はアルファード・ヴェルファイア兄弟車がモデルチェンジする2015年あたりで生産終了とするはずだったのですが、多くのエスティマの根強いファンの「販売の継続」を願う声に応じてモデルチェンジまではしないもののマイナーチェンジを行いながら3代目モデルの生産を継続することにしたのです。

これが2019年4月現在、発売されているエスティマです。

トヨタ・エスティマのモデル構成・グレード構成

2019年4月現在、エスティマは既にモデル末期を迎えていて、モデル整理・グレード整理が行われた状態での亜販売が行われています。
2016年5月前までは標準モデルとドレスアップモデルがあったのですが、現在はドレスアップモデルだけとなり、それが標準モデルとされています。

それからパワーユニットのバリエーションも過去には3.5リッターエンジンモデルも存在しましたが、現在は2.4リッターガソリンエンジンモデルと2.4りったーNAエンジン+THS-IIのハイブリッドモデルのみとなってしまいました。

ガソリンエンジンモデル

ガソリンエンジンモデルには4つグレードが用意されています。
駆動方式はFFの2WDとスタンバイ式4WDの4WDモデルの2種類です。

・アエラス グレード(7人乗り・8人乗り)
・アエラス プレミアム グレード(7人乗り)
・アエラス スマート グレード(7人乗り)
・アエラス プレミアム-G グレード(7人乗り)

最廉価グレードとなるのが「アエラス」グレードでそのグレードに・・・

・フロントパフォーマンスダンパー
・スーパーUVカット・撥水機能付グリーンフロントドアガラス
・メッキ加工バックドアガーニッシュ
・メッキ加工アウトサイドドアハンドル
・ソフトレザーフロントドアトリム
・高輝度シルバードアアームレスト
・LEDスポットランプ室内照明
・ドアカーテシランプ
・トリコット・合成皮革コンビシート生地

といった装備を追加したのが「アエラス プレミアム」グレードで、更に・・・

・スーパーUVカット・IRカット・撥水機能付グリーンフロントドアガラス
・スーパーUVカットプライバシーリヤドアガラス・リヤクォーターガラス・バックドアガラス
・パワーバックドア
・本革巻き・木目調ステアリングホイール
・本革巻き・木目調セレクターレバー
・ナノイー機能
・リヤオートエアコン

を追加したのが「アエラス プレミアム-G」グレードとなります。

アエラス スマート」グレードは、「アエラス プレミアム」グレードの装備から・・・

・フロントパフォーマンスダンパー

を廃止し・・・

・スーパーUVカット・IRカット・撥水機能付グリーンフロントドアガラス
・スーパーUVカットプライバシーリヤドアガラス・リヤクォーターガラス・バックドアガラス
・ナノイー機能オートエアコン
・リヤオートエアコン

を追加した形となっています。

ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルもグレード構成や装備の違いなどはガソリンエンジンモデルとほぼ同じですが、駆動方式はハイブリッドシステムにE-Fourが内蔵されている形となってリるため4WDのみとなり、装備に関してもハイブリッドモデルならではの装備が追加されています。

・ハイブリッド・アエラス グレード(7人乗り・8人乗り)
・ハイブリッド・アエラス プレミアム グレード(7人乗り)
・ハイブリッド・アエラス スマート グレード(7人乗り)
・ハイブリッド・アエラス プレミアム-G グレード(7人乗り)

●ハイブリッドモデルならでは装備

・215/60サイズ タイヤ
・17インチ×7Jアルミホイール
・EVドライブモード
・VDIM
・ECB
・車両接近通報装置
・湿度センサー付ナノイー機能オートエアコン
・ハイブリッドモデル専用コンソールボックス
・アクセサリーコンセント
・サイドテーブル付リラックスキャプテンシート
・6:4分割・床下格納機能付サイドシート (「ハイブリッド・アエラス プレミアム-G」グレードのみ)

トヨタ・エスティマの動力性能

エスティマには2つのパワーユニットが用意されています。

2.4リッターNAエンジン

・エンジン型式:2AZ-FE型
・エンジン排気量:約2.4リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:4気筒
・バルブ構造:DOHC16バルブ

スペックは・・・

・最大出力:170ps/6000rpm
・最大トルク:22.8kgf・m/4000rpm

※エンジン排気量1リッターあたりのパワー:約70.8ps
※パワーウェイトレシオ:約10.4kg/ps

このエンジンは初代アルファード・ヴェルファイア兄弟車に搭載されていたものと全く同じものです。
アルファード・ヴェルファイア兄弟車では廉価モデル用のエンジンということになっていますが、3.5リッターエンジンが廃止になったエスティマではガソリンエンジンモデルのメインエンジンとなっています。
はっきり言ってパワーはあまりありません。

2.4リッターNAエンジン+ハイブリッドシステム

●エンジン
・エンジン型式:2AZ-FXE型
・エンジン排気量:約2.4リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:4気筒
・バルブ構造:DOHC16バルブ
・ミラーサイクル制御

●フロント電気モーター
・電気モーター形式:2JM型

●リヤ電気モーター
・電気モーター形式:2FM型

●ハイブリッドシステム:THS-II
●ハイブリッドバッテリー:ニッケル水素バッテリー

スペックは・・・

●エンジン
・最大出力:150ps/6000rpm
・最大トルク:19.4kgf・m/4000rpm

●フロント電気モーター
・最大出力:143ps
・最大トルク:27.5kgf・m

●リヤ電気モーター
・最大出力:68ps
・最大トルク:14.2kgf・m

●システムパワー:190ps

※エンジン排気量1リッターあたりのパワー:約79.1ps
※パワーウェイトレシオ:約10.4kg/ps

このパワーユニットは初代アルファード・ヴェルファイア兄弟車に用意されていたハイブリッドモデルに搭載されていたものと全く同じものです。

このハイブリッドモデルに採用されているエンジン、そしてガソリンエンジンモデルに搭載されているエンジン、どちらも2AZ型エンジンとなっていますが、このエンジンはかの有名な「中国製オイル喰いエンジン」です。

自動車で一番大切な部品となるエンジンを中国工場で、質の悪い仕事しかしない中国人に部品製造から組み上げまでを任せるものですから、ミリ単位のバラバラな寸法の部品に、いい加減なクリアランス調整によってとんでもないエンジンにされてしまいました。

特にひどいのがピストンリングの精度とシリンダースリーブとピストンリングのクリアランスです。
この部分がいい加減に作られてしまったためにシリンダー内のバキュームによってクランクケース内のエンジンオイルを吸い上げてしまい、混合気と共に燃焼させてしまうものですから、エンジンオイルはバンバン減りますし、排気ガスは真っ白、排気ポートからマフラー出口までの間がエンジンオイルやスラッジでベトベトになってしまいます。

これは一応、リコールが発表されて無償修理が行わているのですが、その部分だけでなくエンジン全体において中国人の「ものづくりに対するあまさ」が出ているため、そのリコール整備を受けても同じような症状を出すエンジンが後を絶ちません。
もしこれからこのエンジンが搭載されているモデルやこのエスティマを購入しようとしているのならばその点は覚悟しておいてください。
2ストロークエンジンの「2ストオイル」なみにエンジンオイルが減っていきます。

トヨタ・エスティマの走行性能

ミッドシップレイアウトを持つ初代モデルならまだしもアルファード・ヴェルファイア兄弟車と全く同じカムリベースのFFレイアウトを持つモデルとなってしまった今では走行性能を語る以前の問題となってしまいました。
まっすぐ走ればそれでOK」といった感じですが一応どんな構造を持っているか見てみましょう。

トランスミッション

トランスミッションはパワーユニットにあわせて2種類用意されています。

●CVT
これはガソリンエンジンモデルのみに採用されているもので、トヨタ名で「Super CVT-i」と呼ばれているものです。
構造としてはごく普通のもので、クラッチ代わりのトルクコンバーターと金属ベルトを使用したベルト式無段変速機を組み合わせた何の変哲もないCVTです。

初代アルファード・ヴェルファイア兄弟車の2.4リッターエンジンモデルに搭載されていたCVTと構造も変速幅も全く同じものとなります。

●ギヤ式無段変速機
これはハイブリッドモデルに搭載されているハイブリッドシステムのTHS-IIの一部として付けられているもので、THS-II搭載モデルに共通して用いられるものです。
無段変速機といってもCVTとは構造が全く違い複数の遊星ギヤと組み合わされる電気モーターの抵抗を組み合わせて無段変速を実現したものです。

エンジン、ハイブリッドシステムも含めてこのトランスミッションも初代アルファード・ヴェルファイア兄弟車にあったハイブリッドモデルと全く同じものです。

ボディ剛性・強度

コスト削減のためにギリギリまでシェイプアップ(よく言えばですが・・・)されたアルファード・ヴェルファイア兄弟車と同じプラットフォーム概念、シャシーを使って作られている車ですので、ボディ形状が違うからといってそれだけでエスティマが優れたボディ剛性をもつということにはなりません。
ただ、全高がアルファード・ヴェルファイア兄弟車よりも低いためそういった意味ではアルファード・ヴェルファイア兄弟車よりはボディ剛性が高いといっていいでしょう。

サスペンション構造

エスティマでは、ガソリンエンジンモデル・ハイブリッドモデル問わず、FFモデル・4WDモデル問わず、すべてのモデルにおいて同じサスペンション構造が使われています。

・フロント:マクファーソンストラット
・リヤ:トーションビーム

いわゆる大衆車向け低コスト型サスペンションといったところで、特にこれといってメリットはありません。
路面のデコボコを吸収し、まっすぐ走る時はまっすぐ走り、ステアリングホイールを回した時はそれなりに曲がるといった感じの足周りです。

グレードによってはフロントのリーンホースメントのあたりにフロントパフォーマンスダンパーが付けられていて、コーナーリング性能が向上しているかのようなことを言っていますが、もともとグニャグニャのフレームしか持っていないのにこのようなものをつけても何の役にも立ちません。
メリットがあるとすればそれは「プラシーボ効果」以外の何物でもありません。

トヨタ・エスティマの燃費性能

●ガソリンエンジンモデル

・カタログ燃費(JC08モード):最大11.6km/L
・実燃費:約7km/L

●ハイブリッドモデル

・カタログ燃費(JC08モード):最大18.0km/L
・実燃費:約11km/L

ガソリンエンジンモデルにしてもハイブリッドモデルにしても車自体の設計は2006年以前のものですし、低燃費装備も・・・

●ガソリンエンジンモデル
・可変バルブタイミング機構
・電動パワーステアリング機構
・オルタネーター制御
・CVT

●ハイブリッドモデル
・ハイブリッドシステム
・可変バルブタイミング機構
・電動パワーステアリング機構
・アイドリングストップ機構
・無段変速機

といったごくありがちで更に一昔前の性能しか持っていないものばかりですので、どうしてもこれくらいの実燃費になってしまいます。

トヨタ・エスティマのライバルは?

エスティマは今ではアルファード・ヴェルファイア兄弟車と肩を並べる大型ミニバンとして発売されていてあまり違いを見つけることができないのですが、「大型トールミニバン」となるアルファード・ヴェルファイア兄弟車よりも全高が低い「大型ミドルミニバン」となることで、ライバルもそういったものが該当すると思います。
ミドル大型ミニバンといえば、ホンダのオデッセイが該当します。

オデッセイはもともとはヒンジドアを持つ低ルーフ大型ミニバンだったのですが、ハイバイ台数が伸び悩んでいたことから、同じ売れ行きが芳しくなかった大型トールミニバンであってエリシオンと統合する形でボディの全高もその折衷案を取るかのごとく高くもなく低くもないといったミドルミニバンになりました。

このモデルにも2.4リッターエンジンを搭載するガソリンエンジンモデルと2リッターエンジンにi-MMDと呼ばれるハイブリッドシステムを搭載したハイブリッドモデルがありますので、まっとうな対決となるのではないでしょうか。

ここではどちらのモデルにおいても販売の主力となっているハイブリッドモデル同士の比較をしてみましょう・

パワースペック比較

●エスティマ(「ハイブリッド・アエラス プレミアム-G」グレード)

・エンジン:2AZ-FXE型
・フロント電気モーター:2JM型
・リヤ電気モーター:2FM型

の組み合わせでスペックは・・・

エンジン
・最大出力:150ps/6000rpm
・最大トルク:19.4kgf・m/4000rpm

フロント電気モーター
・最大出力:143ps
・最大トルク:27.5kgf・m

リヤ電気モーター
・最大出力:68ps
・最大トルク:14.2kgf・m

※システムパワー:190ps

●オデッセイ(「HYBRID Honda SENSING」グレード)

エンジン:LFA型
電気モーター:H4型

の組み合わせでスペックは・・・

エンジン
・最大出力:145ps/6200rpm
・最大トルク:17.8kgf・m/4000rpm

電気モーター
・最大出力:184ps
・最大トルク:32.1kgf・m

※システムパワー:約220ps

ハイブリッドシステムと一緒に搭載されているエンジンに400ccのほどの違いがありますが、エンジン排気量が小さいオデッセイの方がハイブリッドシステムの制御の違いと電気モーターのパワーが高いことからシステムパワーが高くなっています。

やはり走りはホンダの方が上です。

燃費比較

●エスティマ(「ハイブリッド・アエラス プレミアム-G」グレード)

・カタログ燃費(JC08モード):最大18.0km/L
・実燃費:約11km/L

●オデッセイ(「HYBRID Honda SENSING」グレード)

・カタログ燃費(JC08モード燃費):最大26.0km/L
・実燃費:約22km/L

これは明確に違いが出ました。
やはり設計の古さが出たものと思われます。

販売価格帯比較

ここではガソリンエンジンモデルも含めたすべてのモデルで比較してみます。

●エスティマ:約328万円~約493万円
●オデッセイ:約298万円~約415万円

低価格モデルで約30万円、高価格モデルで約78万円、エスティマの方が価格帯が高くなっていることがわかります。

エスティマ・・・ちょっと高すぎませんか?

まとめ

こうしてみるとエスティマがどうしてここまで成り下がってしまったのかがよくわかります。

理由としてあげられるのは・・・

・コンセプトを変えた
・兄弟車に恵まれなかった
・設計が古い
・パワーがない
・走りが悪い
・燃費が悪い

そして極め付けが・・・

・車格の割には車両価格が高い

ということです。

これでは大衆車としてもイマイチですしファミリーカーとしても使いにくいのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です