トヨタ

トヨタだからできる販売チャネル違いの兄弟車、タンクにそこまでする魅力があるのか?

トヨタは子会社や株主となっている企業をうまく活用する企業で、特に自分のところで作れない小型モデル以下の小さな車の開発から生産、販売までをすべて子会社のダイハツにやらせています。
そこで作った車を自社の車のように扱って販売する・・・いわゆる「OEM供給モデル」といった形で販売している車も多数あり、このタンクというモデルもそういった部類のものとなります。

そしてこのモデルには全く同じ車体を持つ販売チャネル違いの兄弟車もあり、ダイハツで1モデル、トヨタで2モデル体制での販売を行っています。
そこまでするのにはきっとこのタンクという車の相当な魅力があるはず・・・ではその魅力を解明してみましょう。

トヨタ・タンクってこんな車


タンクは2016年11月にトヨタから発売された大衆コンパクトカーです。
このモデルは全長や全幅に対してかなり全高を高くした2ボックスボディを持ついわゆる「スーパーハイトワゴン」と呼ばれる車で、5ナンバーボディという小さなボディサイズを持ちながら「面積の広さ」をリカバリーするために「空間の広さ」を持つ形で作られています。

このタンクは実のところ、トヨタが作った車ではなくトヨタグループの一員でトヨタ自動車の子会社となるダイハツが作った大衆コンパクトカー「トール」をOEM供給モデルとして受け入れてそれをタンクとして販売しているだけのものです。
OEM供給モデルといっても全く別の企業からOEM供給を受けるわけではなく、同グループ内の子会社とのOEM供給ですから単に書類だけの問題であることになりますが、一応は「ダイハツからのOEM供給モデル」という形で販売しています。

OEM供給元のトールは同社の女性向けコンパクトリッターカーであるブーンのコンポーネントを使って、そのシャシーにスーパーハイトワゴンならでは全高の高いボディを乗せた形で作られています。
従って、エンジンクラスは1リッターエンジンモデルということになりますが、車両重量が増え、ブーンよりも多くの人間が乗り込むことを考えてブーンには設定されていない1リッターターボエンジンモデルを用意するといったトールならでは変更点がありますが、ボディ形状とエンジンバリ―ション以外はブーンと全く同じということから、トヨタにOEM供給されたタンクもブーンの派生モデル・・・いや、トヨタにはブーンもOEM供給されていて「パッソ」として発売されていますので、トヨタ内だけ解決するのであればタンクはパッソの派生モデルであるといえるでしょう。

モデル的には2019年4月現在、発売されているM900A型(ダイハツのトールはM900S)が初代モデルとなります。

実はトヨタにはもう1台全く同じ車が発売されています。
それが「ルーミー」というモデルなのですが、このタンクがトヨペット店、ネッツ店でされているのに対してルーミーはトヨタ店とカローラ店での販売となるいわゆる「販売チャネル違いの兄弟車」というやつです。

もっと細かく言いますと、ダイハツのトールには標準モデルに対して外見がちょっと違うだけのドレスアップモデルがあるのですが、その内の標準モデルのOEM供給モデルがこのタンクで、ドレスアップモデルのOEM供給モデルはルーミーとして発売されています。
要するに、ダイハツでは1つの車種として販売されているものをOEM先のトヨタでは無理やり二つに分けて、販売チャネル違いの兄弟車としたということです。

こういった売り方によって、ダイハツのトール、トヨペット店・ネッツ店扱いのタンク、トヨタ店・カローラ店扱いのルーミーと同じ車がトヨタグループ内に3台ある形になりますが、同じ車が同グループ内に3台あるということが消費者にとってどんなメリットがあるのかわかりません。
しいて挙げるとしたら、トヨタ・レクサス店以外のトヨタの販売店やダイハツの販売店に行けばどこでも買うことができるといったコンビニエンスストア的な利便性があるということぐらいではないかと思います。

しかし、自動車を売って儲けを出しているトヨタグループ側にしてみれば、実質的な販売チャンスの拡大が見込まれるため、お互いの足を引っ張り合っても大きなメリットがあるのでしょう。

タンクとトールの違い

タンクはダイハツのトールのOEM供給モデルなのですが、この両者にどんな違いがあるのかを見てみましょう。

※比較対象

・タンク:標準モデル「G」グレード
・トール:標準モデル「G SA III」グレード

●同じ部分

・プラットフォーム
・シャシー構造
・フレーム形状
・ボディパネル
・エクステリアパーツ
・サスペンション構造
・エンジン
・トランスミッション
・ドライブトレーン
・エンジンバリエーション
・駆動方式のバリエーション
・4WDシステム
・インテリアパーツ
など

●違う部分

・フロントグリル内CIマーク
・リヤガーニッシュ中央のCIマーク
・リヤハッチの車名エンブレム
・ホイールセンターキャップのCIマーク
・ステアリングホイールのCIマーク
・一部のインテリアパネルのカラー設定
など

ちなみにタンクのドレスアップモデルにはトールには設定されていないメッシュのフロントグリルが採用されています。

これだけを見てもお分かりかと思いますが、タンクにはほとんど手がかけられていない、要するにコストをかけらえていないほとんどの部分をトールと同じとするバッジエンジニアリングによって作られたモデルであることがわかります。

タンクとパッソの違い

次にトヨタ内でのベースモデルとなるパッソとタンクの違いを見てみましょう。

●同じ部分

・プラットフォーム
・シャシー構造
・ホイールベース
・サスペンション構造
・NAエンジン
・トランスミッション
・ドライブトレーン
・駆動方式
・4WDシステム構造
・ブレーキ構造
・インパネ構造
・シート形状
など

●違う部分

・購買ターゲット
・フレーム形状
・ボディパネル
・エクステリアパーツ
・ターボエンジンの採用
・インパネ樹脂パーツのデザイン
・シート表皮デザイン
・インテリアパーツ
など

ターボエンジンの有無と購買ターゲットの違いを除けば、まさにボディやインテリアなどといった外側だけの違いといった感じです。

タンクとルーミーの違い

最後の兄弟車同士を比べてみます。

●同じ部分

同じモデルをベースとする兄弟車ですのではっきり言ってほとんどの部分が同じです。
なので、下記の「違う部分」で挙げたところ以外はすべて同じと思ってください。

●違う部分

・フロントフェンダーパネル
・フロントバンパー
・フロントグリル
・リヤコンビネーションランプ
・リヤバンパー
・取り扱い販売店

兄弟車というより双子車です。

トヨタ・タンクのモデル構成・グレード構成

タンクは、2つのモデルと2種類のパワーユニット、そして2種類の駆動方式によってモデル構成されています。

標準モデル(NAエンジン搭載)

このモデルには2つのグレードと1つのサブグレードが設定されています。

・X グレード
・X “S”グレード
・G グレード

このモデルでは駆動方式として2WDとスタンバ4WDシステムを搭載した4WDが選択できます。

最廉価グレードの「X」グレードに・・・

・衝突回避支援システム スマートアシストIII

を追加したのが、サブグレードとなる「X “S”」グレードで、更に・・・

・スーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアグリーンガラス
・スーパーUVカット・IRカット機能付フロントクォーターグリーンガラス
・クルーズコントロール
・サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー
・車速感応式ウォッシャー連動間欠フロントワイパー
・ステアリングスイッチ
・左右パワースライドドア
・オプティトロンメーター
・TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
・運転席シート上下アジャスター
・フロントセンターアームレスト
・ピアノブラック調センタークラスターパネル
・助手席シートアンダートレイ
・左右後席ステップランプ
・シルバーパネル付きオートエアコン

といった装備を追加したのが「G」グレードとなります。

標準モデル(ターボエンジン搭載)

ターボエンジン搭載モデルにはグレードの選択肢はなく単一グレード、そして駆動方式もFFの2WDのみとなります。

・G-T グレード

装備はNAエンジン搭載モデルの「G」グレードとほぼ同じですが、このモデルだけに・・・

・リヤスタビライザー
・スポーツモードボタン付ステアリングスイッチ
・5ポジション型CVTセレクターレバー

が追加されています。
ターボエンジン搭載モデルだけがセレクターレバーのポジションが5つに減らされているのは、ステアリングホイールにスポーツモードボタンが付けられて、単にセレクターレバーで切り替える必要がないからです。
別にターボエンジンモデルだからといって特別なCVTや制御が与えられているわけではありません。

ドレスアップモデル(NAエンジン搭載)

タンクはダイハツのトールの標準モデルのOEM供給モデルですので、それのドレスアップモデルといってもトールのドレスアップモデルやそのOEM供給モデルであるルーミーと同じということではありません。
あくまでもタンクの中でのドレスアップモデル、トールでいうところの標準モデルにちょっと手を加えた形のものをタンクではドレスアップモデルとしているということです。

グレードはモノグレードで、駆動方式は2WDと4WDの2つから選ぶことができます。

・カスタムG グレード

装備は標準モデルの「G」グレード相当のものとなりますが、ドレスアップモデル専用の装備として以下の装備が追加・交換されています。

・専用フロントグリル
・フロントスポイラー
・LEDヘッドランプ
・LEDフロントフォグランプ風タウンランプ
・LEDイルミネーションランプ
・165/65サイズ タイヤ
・14インチ×5Jアルミホイール
・メッキバックドアガーニッシュ
・リヤコンビネーションランプ
・本革巻セレクターノブ
・撥水機能付専用ファブリックシート生地
・ドアトリムオーナメント
・メッキ加飾付インナードアハンドル
・メッキ加飾付ピアノブラック調センタークラスターパネル
・助手席シートバックポケット
・ブルー塗装助手席オープントレイ
・ラゲッジスペースアクセサリーソケット
・ブラックパネル付きオートエアコン
・6スピーカー

ドレスアップモデル(ターボエンジン搭載)

ターボエンジン搭載のドレスアップモデルもモノグレードで、駆動方式は標準モデル同様にFFの2WDのみとなります。

・カスタムG-T グレード

装備はNAエンジン搭載の「カスタムG」グレードのものに以下のような装備を追加・交換した形となります。

・175/55R15サイズ タイヤ
・15インチ×5Jアルミホイール
・リヤスタビライザー
・スポーツモードボタン付ステアリングスイッチ
・本革巻セレクターノブ付き5ポジションインパネセンターシフト

トヨタ・タンクの動力性能

タンクには2種類のパワーユニットが用意されています。

NAエンジン

・エンジン型式:1KR-FE
・エンジン排気量:約1リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:3気筒
・バルブ構造:DOHC12バルブ
・ミラーサイクル

スペックは・・・

・最大出力:69ps/6000rpm
・最大トルク:9.4kgf・m/4400rpm

※リッターあたり:約69ps
※パワーウェイトレシオ:約15.6kg/ps

このエンジンは・・・

・「X」グレード
・「X “S”」グレード
・「G」グレード
・「カスタムG」グレード

といったNAエンジン搭載モデルに採用されているパワーユニットです。
これはダイハツのブーンやそのOEM供給モデルのパッソに搭載されているエンジンと全く同じもので、ダイハツが開発から設計、組み立てまで行った正真正銘のダイハツ製エンジンです。

特に可もなく不可もない大衆コンパクトカー向けの実用型エンジンといったところです。

ターボエンジン

・エンジン型式:1KR-VET
・エンジン排気量:約1リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:3気筒
・バルブ構造:DOHC12バルブ
・過給器:ターボチャージャー

スペックは・・・

・最大出力:98ps/6000rpm
・最大トルク:14.3kgf・m/2400rpm~4400rpm

※リッターあたり:約98ps
※パワーウェイトレシオ:約11.2kg/ps

このエンジンは・・・

・「G-T」グレード
・「カスタムG-T」グレード

といったターボエンジン搭載モデルに採用されているパワーユニットです。
一言で行ってしまえばNAエンジンモデルに搭載されている1KR-FE型エンジンにターボチャージャーをつけたものということになりますが、国内向けモデルのこのエンジンが使われているのは一連のトール兄弟車だけで、同時に国内向けで初採用ともなります。
もちろんもダイハツ製となります。

NAエンジンの1KR-FE型エンジンよりは確かにパワーもトルクも優れていますし、リッターあたり98psと大衆車ではなかなか見られない数字をたたき出していますが、所詮は1リッターの実用型エンジンですのでドライバーが思わずアクセルペダルを放してしてしまうような加速力を見せるといったようなものではありません。

トヨタ・タンクの走行性能

ブーンベースのスーパーハイトワゴンであるタンクに優れた走行性能を求めてはいけません。
そもそもこのモデルは大衆車であり、実用車であり、走行性能面に大きな不利点を持つスーパーハイトワゴンボディを持つ車なのですから、そういったことを求めること自体が大きな間違いであって、車選びを間違えたことになります。
こういう車は何の不自由もなくまっすぐ走り、ステアリングホイールを回したら回した分だけ曲がっていけばいいのです。
そういった見方で見ればこのタンクは「大衆コンパクトカーとして・・・」という条件付きで優れた走行性能を持つ車といえるでしょう。

トランスミッション

タンクには全モデル共通のCVTが採用されています。
構造としてはよくある一般的なトルクコンバーターを用いた金属ベルト式の無段変速機で、トール兄弟モデル以外にもブーン・パッソ兄弟車に搭載されているものとも同じです。
それもそのはず、そもそもトール兄弟車はブーン兄弟車をベースにして作られているので当然といえば当然です。
ちなみに先代モデルのブーンにもおなじCVTが使われているので、言うなればトランスミッションは先代モデルからのキャリーオーバーされたもの、古いものを使いまわしたということがわかります。
トヨタグループらしいです。

CVTの構造は同じですが、同じといってNAエンジンモデルとターボエンジンモデルではパワーが違うので、それを解決するために変速幅とファイナルに違いが持たされていて

NAエンジンモデル用
・CVT変速幅:3.327~0.628
・ファイナルギヤギヤ比:5.105

ターボエンジンモデル用
・CVT変速幅:2.386~0.426
・ファイナルギヤギヤ比:5.079

といったようにNAエンジンモデルの方がCVTはよりローギヤード、ワイドレシオに、ファイナルギヤもローギヤードにされています。

残念ながらセレクターレバーの位置もブーン兄弟車と同じインパネシフトになっていますので、この上ないほどの使いにくさとなっています。

ちなみにパッソやブーンと共通のインパネ構造を持っているため、セレクターレバーは使いにくいインパネシフトとなります。
しかし、そこまでしてセンターコンソールが邪魔なのでしょうか?

ボディ剛性・強度

トヨタグループのダイハツが作った車という段階でカタログなどで「ボディの高剛性化を図った」などといわれても馬の耳に念仏です。

そもそもこのモデルには「優れたボディ剛性」に対してマイナスになることがいっぱいです。

・全高が高い
・グラスエリアが広い
・ピラーが外側へ追いやられている
・鋼材の質があまり良くない
・フレームやボディパネルの厚みが薄い
・開口面積が広い

これでまともなボディ剛性を保つことができたら神業です。

いつまで静かにまっすぐ走ることができることやら・・・。

サスペンション構造

ブーン兄弟車のシャシーをそっくりそのまま使って作られているわけですが当然ながらサスペンション構造もブーン兄弟車と全く同じです。

フロントサスペンションとしてマクファーソンストラット、リヤサスペンションとしてFFの2WDモデルにはトーションビーム、4WDモデルにはコイルリジットが採用されています。
構造としてはごく普通の低価格FFモデルのそれでしかありませんので、サスペンションがもたらす走行性能もよくある大衆コンパクトカーの走行性能でしかありません。

一応、全高の高い車であるということを意識してか、NAエンジンモデルはフロントだけ、ターボエンジンモデルは前後に、ロール量を少なくすることができるスタビライザーが入れられていて、何とか走行安定性だけは良くしようという試みがされているようですが、実際に運転してみるとまるで何も付けられていないかのように大きなロールがコーナーを曲がるたびに襲ってきます。

ちなみにトヨタのタンクのカタログにも、ダイハツのトールのカタログにも「サスペンションの剛性アップを図った」という説明がされていますが、実際に前後サスペンション周りを見てもサスペンションアームやビーム、ブッシュ、ハブなどがブーンのものと比べて強化されているとか、違うものに交換されているといった事実は見受けられません。

トヨタ・タンクの燃費性能

●NAエンジンモデル(2WD)

・カタログ燃費(JC08モード):最大24.6km/L
・実燃費:約17km/L

●NAエンジンモデル(4WD)

・カタログ燃費(JC08モード):最大22.0km/L
・実燃費:約15km/L

●ターボエンジンモデル(2WD)

・カタログ燃費(JC08モード):最大21.8km/L
・実燃費:約13km/L

これらの燃費性能はトール兄弟車すべてにおいて共通のものとなります。

1リッターエンジンといった比較的小さなエンジンを搭載していても、そこはやはりガソリンエンジンモデルであって、ハイブリッドカーのずば抜けた燃費性能に見慣れてしまった我々にはこの数字でも燃費性能が悪いと判断してしまいます。
特にトヨタグループのカタログ燃費ですのでなおさらです。

まあ、タンクの背の高いボディを見たら誰もが燃費性能に期待を持つことはしないと思います。

それでもとりあえずは・・・

・アイドリングストップ機構
・CVT
・オルタネーター制御
・電動パワーステアリング機構
・可変バルブタイミング機構

といったそれなりの低燃費装備が付けられているので努力だけは認めてあげましょう。

トヨタ・タンクのライバルは?

タンクはダイハツ・トールのOEM供給モデル、それならライバル比較もOEM供給モデル同士といきましょう。
ここではソリオのOEM供給モデルである三菱のデリカD:2と比べてみようではありませんか。

ただ、タンクは1リッターNAエンジンモデルと1リッターターボエンジンモデルのバリエーション、デリカD:2は1.2リッターハイブリッドモデルと1.2リッター簡易型ハイブリッドモデルのバリエーションと合致するモデルがありませんので、ここではタンクはターボエンジンモデルで、デリカD:2はハイブリッドモデルで比較していきたいと思います。

三菱のデリカD:2は、先代モデルとなるMA15S型ソリオの時代からOEM供給を受けて販売されているモデルで、「デリカD:」シリーズの一番下のクラスのワゴンモデルとして発売されました。
現在でも同様にソリオのOEM供給モデルとしてMB36S系型が発売されています。

エンジンスペック比較

●タンク(ターボエンジンモデル)

エンジン形式:1KR-VET型
1リッター直列3気筒DOHC ターボエンジン

・最大出力:98ps/6000rpm
・最大トルク:14.3kgf・m/2400rpm~4400rpm

※リッターあたり:約98ps
※パワーウェイトレシオ:約11.2kg/ps

●デリカD:2(ハイブリッドモデル)

エンジン形式:K12C型

1.2リッター直列4気筒DOHC NAエンジン
・最大出力:91ps/6000rpm
・最大トルク:12.0kgf・m/4400rpm

電気モーター形式:PB05A型

・最大出力:13.6ps/3185rpm~8000rpm
・最大トルク:3.1kgf・m/1000rpm~3185rpm

※システムパワー:約100ps
※リッターあたり:約83.3ps
※パワーウェイトレシオ:約9.9kg/ps

パワースペック的には大きな違いはありませんが、やはりハイブリッドモデルの電気モーターのアシストよりもターボチャージャーによるパワーの出方の方がパワーがあるような気にさせます。

燃費比較

●タンク(ターボエンジンモデル):最大21.8km/L
●デリカD:2(ハイブリッドモデル):最大32.0km/L

パワースペックは似たようなものでもやはりダウンサイジングターボエンジンモデルとハイブリッドモデルとでは燃費性能に開きが出てきてしまうようです。

販売価格帯比較

●タンク:(全モデル)約147万円~約197万円
●デリカD:2(全モデル):約183万円~約230万円

ハイブリッドモデルには搭載されているハイブリッドシステムの高額な開発費が含まれているのでどうしても車両価格が高くなりがちになってしまいます。
対してタンクは、いくらダウンサイジングターボエンジンといっても結局はこれまでたくさん作られてきたターボエンジンと違いはないものなので、これといって高額な開発費がかかるわけでもありませんし、高価な部品を使って作られているわけではありません。
そのため、あとから発売された新しいモデルといっても価格を安く抑えることができるのです。

まとめ

こうしてみるとこのタンクというモデルやトール兄弟車にこれといって特別な魅力があるわけではなさそうです。
それなのにどうして名前を変えてまでもたくさんのモデルを売りに出すのでしょうか?
冒頭でもいったようにコンビニエンスストア感覚なのか、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」なのでしょうか。

だからなのでしょうか、発売当初はそこそこ注目を集めていたのに2019年に入ってからは、値引きは甘くなるし、「G Cozy Edition」などといった販売促進のための特別仕様車を販売したりするほど人気がなくなってきているのは・・・、噂では中古車市場でもあまり人気がないようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です