トヨタ

トヨタのアクアはある目的のために作られた車だ!その目的と気になる実燃費は?

トヨタの最小ハイブリッドモデルとして長年発売されているアクア、地味に人気のあるモデルですが実はこの車、ある目的のために作られた車なのです。

では、その目的がどういうものだったのか、その目的をどれだけ達成できているのか?ということも含めて、アクアの本当の姿、トヨタの巧みな販売戦略を除外した本来のアクアの姿を見ていきたいと思います。

トヨタ・アクアってこんな車

アクアの生い立ちを語るためにはプリウスのこともあわせてお話しなければなりません。

トヨタという自動車メーカーは、自動車の販売に強い影響を与える流行や世の中の風潮に対してとても敏感な企業で、ちょっとしたことにも反応を示し、それを車作りや販売戦略に活用するという特長を持ちます。
ハイブリッドカーの代表的なモデルとなるトヨタのプリウスも実はそういったことで生まれた車だったのです。

プリウスが発売されたのは1997年のこと、ちょうどのその頃は、大気汚染や石油の枯渇、二酸化炭素の大量排出による温暖化が特に強く騒がれ始めた頃、いわゆる現在でいうところの「似非エコブーム」が広まり始めた頃でした。

今となってみれば、大気汚染や二酸化炭素の大量排出は某大国によるものであることがわかっていますし、気温上昇も地球全体の気温の変化によるもので、二酸化炭素の大量排出が根本的な原因でないこともわかっています。
そして石油の枯渇に関しても埋蔵量が豊富にあることがのちにわかっていますので、当時を振り返ると

「何てバカなことに振り回されていたのか」

ということになりますが、当時は国や政府も含めて信じきっていたのです。
当然、トヨタはそれを商売につなげます。

一番いいのはエンジンで走る車ではなく、直接的に石油を消費しない、排気ガスを全く出さない電気自動車、いわゆるEVを販売すべく開発を進めていたのですが、当時の技術では満足な航続距離を得るほどの優れたバッテリーとそれに電気を充電するためのインフラ整備が整っていなかったことから頓挫、EVの開発をあきらめてガソリンエンジンと電気モーターの両方で走ることができるハイブリッドカーの開発に急遽切り替えたのでした。

そして作られたのが1997年に発売された初代プリウスです。

しかし、このプリウスは残念ながら、車格の割には価格が高いこと、デザインが野暮ったいこと、「偽善者が乗る車」というイメージを持たれてしまったことから行政関連以外ではほとんど売れませんでした。

高額は開発費用をかけてせっかく作ったのにこれでは困ります。
そこでトヨタは更に効率のようハイブリッドシステムの開発や売り方を考えたうえで次なるハイブリッドカーを発売したのです。
それがプリウスで初めての大ヒット作となる2代目モデルNHW20型でした。

(NHW20型:photo by Herry Lawford

ただ、このモデルが大ヒットしたのはモデル末期の2009年、理由も「車がいいから売れた」ということではなく、政府があたかも2009年にトヨタから新しいプリウスはが発売されることを知っていたかのように始めた「エコカー減税」「エコカー補助金」の両制度のおかげで、普段は税金をふんだくっていく国がマイカーを買うのにお金を出してくれる、税金を安くしてくれるのですから誰もが飛びつくわけです。

このいわゆる「特需」に対してトヨタも生産終了間際の2代目モデルでは、新たに廉価モデルを作り販売の継続をし、更に2009年のモデルチェンジで生まれた3代目プリウスZVW30型といった2つの新旧モデルを併売するという対策を取ったのです。

これによって2代目モデルの後半から3代目モデルの中盤にあたって大ヒットを飛ばすわけですが、いくら国が補助金を出してくれる、税金を安くしてくれるからといってもたかだか1.8リッターエンジンを搭載する大衆車になんだかんだ言って250万円近くのお金を払うのもかなり高いような気がしますし(当時の同程度の大衆車は200万円以下で買うことができた)、安く買えるからといってもそれでもそこそこまとまったお金が必要になります。

要するにエコカー補助金やエコカー減税を利用して(表向きは)地球環境を守るための車に買い替えることが金銭的に無理な方がたくさんいたということです。
もちろんそういった声はトヨタにも届きます。

「プリウスは高すぎる」
「さすがに大衆車に300万円は出せない」
「トヨタはぼろ儲けしている」

この声を聴いてトヨタは対策に乗り出します。

お金のない方が買えるような安いハイブリッドカーを作ろう!

こう考えたトヨタは既に発売されている2代目ラクティスのシャシー2代目プリウスのエンジン、ハイブリッドシステムに少し手を加えたもの、小型化した電気モーターといった使いまわしパーツを搭載して新たな小型ハイブリッドカーを作ったのです。

それが2011年に発売されたアクアです。
これでアクアが何のために作られたのかがお分かりいただけたかと思います。

アクアが作られた目的は・・・

「経済的にプリウスを買うことができない方がエコカー補助金やエコカー減税の恩恵を受けるための車」

もっと簡単にいえば・・・

「プアマンズ・プリウス」

ということです。
プリウス自体も大衆車ですので、それに対して「プアマンズ」と付けるのも何ですが・・・そういうことです。

生産コストの約8割をハイブリッドシステムに費やしているとまで言われるような車であるため、とにかく作りはチープで、特に内装などは当時の軽自動車と比較しても軽自動車の方が豪華に見えるほどでした。

このモデルは2011年に発売されて以来、2019年現在でまだ1度もモデルチェンジを行っておらず、当時のモデルが現在の現行モデルということになりますが、そういったスタンスを取っているのも何も大ヒットしていてモデルチェンジをする必要がないのではなく、そういった生い立ちを持つことからモデルチェンジをすることができないということなのです。

ただ、モデルチェンジはされていないものの小変更やドレスアップモデルの追加、マイナーチェンジなどをおこなってかろうじて飽きさせないようにはされています。

トヨタ・アクアのモデル構成・グレード構成

アクアには3つのモデル、5つのグレード、2つのサブグレードといった形のモデル構成が与えられています。
駆動方式は最廉価モデルで生産コストを抑える必要があるため選択肢は用意されておらず、FFの2WDモデルだけです。

標準モデル

標準モデルには3つのグレードと1つのサブグレードが設定されています。

・L グレード
・S グレード
・G グレード
・G ソフトレザーセレクション グレード

最廉価グレードの「L」グレードを基準として、それに・・・

・タイヤパンク応急修理キット
・メッキ加飾付フロントグリル
・高遮音性UVカット機能付ウインドシールドグリーンガラス
・スーパーUVカット・撥水機能付UVカットフロントドアグリーンガラス
・時間調整式ウォッシャー連動間欠フロントワイパー
・ウォッシャー連動間欠リヤワイパー
・テレスコピック機能付チルトステアリング
・ステアリングスイッチ
・リヤドアパワーウィンドウ
・4.2インチカラーTFTマルチインフォメーションディスプレイ付デジタル式センターメーター
・「S」グレード専用ファブリックシート生地
・運転席6ウェイ&助手席4ウェイ調整機能付フロントシート
・上下調整式フロントヘッドレスト
・6:4分割可倒式リヤシート
・高輝度シルバー塗装ステアリングホイール
・メッキ加飾インテリアパネル(一部ピアノブラック加飾)
・シルバーアクセントカラー塗装パワーウィンドウスイッチベース
・アシストグリップ
・コートフック
・買い物フック
・助手席バニティミラー付サンバイザー
・4スピーカー
・助手席シートバックポケット

といった装備を追加したのが標準グレードとなる「S」グレードで、更に・・・

・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・本革巻きステアリングホイール
・クルーズコントロール
・スエード調ファブリックシート生地
・運転席アームレスト
・合成皮革巻き助手席インパネ

を追加したのが「G」グレードとなります。

G」グレードのみ更に「ソフトレザーセレクション」と呼ばれるサブグレードが用意されており、そのモデルには「G」グレードの装備に加えて・・・

・「ブラックカラー」と「ホワイトカラー」からカラーが選べるソフトレザー合成皮革シート

が採用されます。

大衆コンパクトカーながら一応、見た目的にはこのモデルが一番見栄えが良く、事実上の最上級グレードということになるわけです。

クロスオーバーSUV風モデル

これは「Crossover(クロスオーバー)」モデルと呼ばれるものですが、ただ、ここで勘違いしないでいただきたいのは、モデル名が「Crossover」だからといっても「クロスオーバーSUV」ではなく、「クロスオーバーSUV風モデル」であるという点です。

このモデルはごく普通の廉価大衆コンパクトカーを「現在、流行しているから」ということだけで無理やりクロスオーバーSUV風に仕立てた販売台数を稼ぐためドレスアップモデルです。
ですので、クロスオーバーSUVとしての性能は一切持っておらず、オフロード走行も標準モデル同様にほとんどできません。
それにそもそもFFの2WDモデルしかないのにクロスオーバーSUVはあり得ません。
トヨタやマツダが大好きな「なんちゃってクロスオーバーSUV」の1台だと思えばいいでしょう。

グレードはなくモノグレードとなります。

装備面は標準モデルの「G」グレードのものに、

・185/60サイズ タイヤ
・16インチ×6J アルミホイール
・Crossover専用デザイン フロントグリル
・Crossover専用デザイン フロントバンパー
・Crossover専用デザイン フロントスキッドプレート
・Crossover専用デザイン サイドマッドガード
・Crossover専用デザイン フェンダーアーチモール
・Crossover専用デザイン リヤバンパー
・Crossover専用デザイン リヤスキッドプレート
・Crossover専用デザイン ルーフモール
・ロードクリアランスを3センチ高めるためのコイルスプリング、ショックアブソーバー

といったクロスオーバーSUVらしさを醸し出すドレスアップパーツに加えて、専用シート生地として

・合成皮革+ファブリックコンビシート生地

が与えられます。

スポーティードレスアップモデル

このモデルは、スポーツモデルを独自の技術と資金で作ることができないトヨタが、その穴埋めのために作ったスポーティードレスアップモデルGRスポーツ(旧G’s)」と呼ばれるモデルのひとつのバリエーションとなるものです。

単なるドレスアップモデルであるため、動力性能や走行性能が高められているといったことは一切なく、むしろ標準モデルがコスト削減のため、かなり手抜きをされているのでその部分を「普通に戻す」といった形になるだけのもの、そしてあとは雰囲気だけのものです。

トヨタはこのモデルをどうしてもスポーツモデルと呼びたいようですが、このアクアのGRスポーツがスポーツモデルだとしたら、世の中にある本当のスポーツモデルはみな、スーパースポーツモデルかレーシングマシンといっていいでしょう。

さて、グレード構成ですが、グレードはモノグレードでサブグレードが1つだけ用意されています。

・G GR SPORT グレード
・G GR SPORT 17インチパッケージ グレード

G GR SPORT」グレードは標準モデルの「G」グレードをベースにして作られたもので、そのグレードの装備に以下のような「GRスポーツ」専用のパーツや加工が追加されています。

・「GRスポーツ」専用フロントバンパー
・「GRスポーツ」専用フロントグリル
・「GRスポーツ」専用サイドマッドガード
・「GRスポーツ」専用リヤバンパー
・「GRスポーツ」専用サイドターンランプ付オート電動格納式ドアミラー
・「GRスポーツ」専用LEDヘッドランプ
・「GRスポーツ」専用リヤコンビネーションランプ
・「GRスポーツ」専用ブランノーブ/合成皮革コンビフロントスポーティシート
・「GRスポーツ」専用スタートスイッチ
・「GRスポーツ」専用本革巻きセレクターノブ
・スポット溶接打点追加
・「GRスポーツ」専用リヤバンパーリインフォース
・「GRスポーツ」専用強化ロアアーム
・「GRスポーツ」専用フロントサスペンションメンバー後端ブレース
・「GRスポーツ」専用フロアセンターブレース
・「GRスポーツ」専用サスペンションセット(コイルスプリング、ショックアブソーバー)
・アルミテープ
・「GRスポーツ」専用制御プログラムデータ仕様電動パワーステアリング

この「G GRスポーツ」グレードの装備に更に・・・

・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用リヤルーフスポイラー
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用LEDイルミネーションビーム
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用195/45サイズ スポーツタイヤ
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用デザイン17インチ×6.5J専用アルミホイール
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用TFTタコメーター
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用本革巻きセレクターノブ
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用アルミペダル
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用ローダウンサスペンションセット(コイルスプリング、ショックアブソーバー)
・「GRスポーツ 17インチパッケージ」専用ホワイト塗装ブレーキキャリパー

を追加したのが「GRスポーツ 17インチパッケージ」グレードとなります。

エアロパーツをつけても速く走れない、ボディ剛性アップパーツをつけてもこれでやっと普通の大衆車並みのボディ剛性、サスペンションを固めても車高を落としてもパワーがないので意味がない、スポーツタイヤをつけても非力なパワーが食われるだけ、ブレーキキャリパーを白く塗っても制動力が上がるわけがない・・・といったようにどれも廉価大衆モデルのアクアにつけても全く意味のないもの、無駄なものばかりが付けられているといった感が強いドレスアップモデルです。

トヨタ・アクアの動力性能


アクアはあくまでも廉価大衆モデルですので、モデルごとにパワーユニットを変更するということは一切なく、すべてのモデル、すべてのグレード(トヨタがスポーツモデルと呼びたいGRスポーツにおいても)全く同じ1つのパワーユニットしか用意されていません。

1.5リッターハイブリッドシステム

●エンジン
・エンジン型式:1NZ-FXE
・エンジン排気量:約1.5リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:4気筒
・バルブ構造:DOHC16バルブ
・ミラーサイクル(疑似アトキンソンサイクル)
●電気モーター
・形式:1LM型

スペックは・・・

●エンジン
・最大出力:74ps/4800rpm
・最大トルク:11.3kgf・m/3600~4400rpm

●電気モーター
・最大出力:61ps
・最大トルク:17.2kgf・m

※システムパワー:100ps
※リッターあたり:約66ps
※パワーウェイトレシオ:約10.1kg/ps

エンジンは2代目プリウスのおさがり、ハイブリッドシステムも同時期に発売されていたZVW30型プリウスで使用されていたリダクション機構付きTHS-IIではなく、これも2代目プリウスで使用していたTHS-IIの改良版、唯一このモデルで初採用となったのが電気モーターだけといったそのほとんどを既存モデルの部品の使いまわしで作られているパワーユニットです。
パワースペック的にも大衆コンパクトカーであるとするならば妥当だといえますが、トヨタ曰くスポーツモデルのGRスポーツでも同じというのは相当、消費者を馬鹿にしていることだと思います。

トヨタ・アクアの走行性能


本来、アクアのような大衆コンパクトカーは走行性能云々を語るような車でないため、はっきり言って「普通に走る」「まっすぐ走る」「ゆっくり走る」といったレベルのことをクリアできているぐらいの走行性能とそれにまつわる装備しか付けられていません。

ということは、特にこれといった特別な改造が施されているわけでもなくトヨタがどうしてもスポーツモデルとしたいGRスポーツモデルも同様であるということです。

トランスミッション

THS-IIというハイブリッドシステムはトランスミッション込みの構成となっているため、プリウスや他のTHS-II搭載モデルと同様にギヤ式の無段変速機が採用されています。
なので、特にこれといった秀でる部分はありません。

ちなみの疑似有段変速のマニュアルモードも用意されていません。

ボディ剛性・強度

トヨタグループの自動車メーカーが「低価格」が武器の車を作ったとなれば、自然のこの部分にしわ寄せが来ます。
材料単価を安くするためにボディやフレームを形作る鋼材の質を落とし、材料の使用量を減らすために厚みを薄くする・・・こんなことで剛性が高く、強度もある頑丈なボディやフレームができるわけがありません。

そもそもラクティスに使われていたプラットフォームはとにかく安く作ることだけを考えて設計されたものですので、それを聞いただけでも車に詳しい方であればアクアのボディ剛性がかなり弱いことがわかるぐらいです。

GRスポーツモデルでは、あちこちにボディ剛性を強化するパーツの取り付けや加工が施されているようですが、そこまでしてやっと他の自動車メーカーが発売する大衆コンパクトカーと同じぐらいの剛性を持つことができるぐらいですので、これをスポーツ走行性能を向上させるための手段としてみてはいけません、あくまでも補強です

サスペンション構造

廉価大衆モデルには廉価大衆モデルに見合ったサスペンション構造をということでフロントにはマクファーソンストラット、リヤにはトーションビームといった構造が使われています。
フロントのマクファーソンストラットはいいとしても、リヤのトーションビーム式は完全なるコスト削減サスペンション構造です。

GRスポーツモデルで、スプリングレートを高めても無駄、ショックアブソーバーの減衰力を高めても意味なし、ローダウンしても見た目だけといった具合でいくら手を加えても結局は廉価モデルのリジットサスペンションでしかなく、Webカタログなどに書かれているような路面に吸いつくような安定感のある走り」などできるわけがありません。

所詮、大衆コンパクトカーですから・・・。

トヨタ・アクアの燃費性能

燃費性能だけが取り柄のアクア、果たしてどれくらい燃費がいいのでしょうか。

●標準モデル

・カタログ燃費:最大38.0km/L
・実燃費:約25km/L

●クロスオーバーSUV風モデル(Crossover)

・カタログ燃費:最大34.4km/L
・実燃費:約20km/L

●スポーティードレスアップモデル(GRスポーツ)

・カタログ燃費:最大34.4km/L
・実燃費:約18km/L

どのモデルも同じパワーユニット、同じボディ形状、同じ低燃費装備を持ちますが、空気抵抗やタイヤの転がり抵抗、そのモデルを選ぶユーザーの傾向によって実燃費がここまでさが出るのも面白いものです。

ただ、いつも思うのですが、燃費性能だけが唯一のメリットである大衆ハイブリッドモデルにスポーティーさを求めるモデルが必要でしょうか?
もっと違う車でやるか、本格的なスポーツモデルを1から作った方がいいのではないでしょうか。

トヨタ・アクアのライバルは?

1.5リッターエンジンのハイブリッドシステムを搭載した2ボックススタイルの大衆コンパクトモデルといえば、ホンダのフィットが見事に適合します。

フィットは1.5リッターエンジンとホンダ独自のハイブリッドシステムであるスポーツハイブリッドi-DCDを組み合わせたハイブリッドモデルで、2019年3月現在で2代目モデルとなるGP5型が現行モデルとなっています。

エンジンスペック比較

●アクア

エンジン:1NZ-FXE型(1.5リッター直列4気筒DOHCNAエンジン)
電気モーター:1LM型

・システムパワー:100ps

●フィット

エンジン:LEB型(1.5リッター直列4気筒DOHCNAエンジン)
電気モーター:H1型

・システムパワー:137ps

エンジンからハイブリッドシステムに至るまでほぼ同じような構成でありながら圧倒的にフィットの方がパワーがあるようです。

コンパクトカークラスの車で37psのパワーの違いは体感的にもかなりの違いを感じることになるでしょうし、峠や高速道路などパワーユニットに負担がかかりやすいシチュエーションでは明確な走りの違いを見ることになるでしょう。

燃費比較

●アクア:最大38.0km/L
●フィット:最大37.2km/L

パワースペックに大きな開きが出ていることからフィットの方が相当燃費性能が悪いのだろうと思っていたら、何のことはなくカタログ燃費でたった0.8km/Lの差しかありませんでした。

ということは実燃費ではフィットの方が上ということになりそうです。

販売価格帯比較

アクアはGRスポーツモデルも含めて、フィットはハイブリッドモデルだけで比較してみます。

●アクア:約179万円~約253万円
●フィット:約170万円~約242万円

似たり寄ったりの価格となりますが、販売価格帯においてもフィットの方が優れているようです。

パワーもあるし、燃費もいい、それでいて安いフィット、これはもう完全にアクアの完敗です。

まとめ

プアマンズ・プリウス」として作られたアクアですが、ハイブリッドモデルが、またはハイブリッドカーのパイロットモデルであるプリウスがあまり魅力的でなくなった現在では、このアクアも存在する意味がなくなったといえるでしょう。

特に同じプラットフォームを持つヴィッツにハイブリッドモデルが作られたり、元祖大衆車のカローラシリーズにもハイブリッドモデルが用意されるようになってはアクアは本当に存在価値がありません。

果たしてこのモデルをいつまで売る気なのかわかりませんが、人気がなくなって廃れてから生産終了になる前に、自ら生産終了宣言を出してから作るのをやめた方がいいのではないかと思います。
そろそろ限界ではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です