日産

日産・デイズが軽自動車界に殴り込みをかけた!?燃費や安全装備の出来はどうか?

軽自動車を作らない自動車メーカーだった日産、さすがにこの軽自動車人気の中でそんなことも言っていられないということで、ここ最近になってやっといろいろな軽自動車を売るようになってきました。
そんな軽自動車の1台として販売されているのが日産・デイズです。
なかなかの人気を持つこの軽自動車の本当の姿を見ながらその人気の秘密を探っていきたいと思います。

日産・デイズってこんな車

日産のデイズのことを語る前に、まずは日産の軽自動車について触れてみたいと思います。

日産は創業以来、大量生産の量産車としての軽自動車を作ったり、販売したりすることがなかった登録車だけを扱う自動車メーカーでした。

しかし、1990年代中盤あたりから騒がれるようになった「エコロジー思想」によって、世界的にエコブームが巻き起こり、そのエコブームによって軽自動車の経済性や燃費性能などが注目され、「登録車が買えない人が買う車」というそれまであった概念から「地球環境にやさしい(実際にはガソリン代をケチれる)車」として扱われるようになり、自動車界全体で軽自動車の販売台数が極端に多くなっていったのにもかかわらず、日産は軽自動車に目もむけずひたすら登録車のみを作り続けていったのです。

こういった時代錯誤の経営もあったのでしょう、残念ながら日産は経営危機に陥ってしまい、フランスの自動車メーカーグループのルノーに吸収されてしまいました。
そしてそれまで販売してきた歴史あるモデルのほとんどを生産終了とされてしまい(車種整理)、新たにルノー日産ならでは新規モデルを発売するという形になっていったのです。

その時です、ルノーが日本の自動車界のマーケティングリサーチをした際に、日本独自の自動車文化である軽自動車が思いのほか好調であることを知るのです。
売れない車の売るのをやめて、売れる車を売る」というのがルノーの車種整理の基本的な考え方だったので、売れる軽自動車を売らない手はないという結論に至ったのです。

しかし、日産には登録車を作る技術や生産ラインはあっても軽自動車を作る技術や開発力、生産ラインを持っていなかったのです。
素人目に見れば、「登録車を作ることができれば軽自動車を作ることなど容易いこと」と思いがちですが実際にはそうではありません。
登録車には登録車の技術、軽自動車には軽自動車ならではの技術というものがあるのです。

なので、ルノーから「軽自動車をすぐに作ってすぐに売れ!」といわれてもなかなかできることではなかったため、そこで日産は過去から業務的なつながりがあったスズキの1モデルを借り受け、それを日産の軽自動車として売ることにしたのです。
それが2002年に発売された、日産初の量産軽自動車となるモコでした。

モコはスズキではMRワゴンとして販売されているモデルで、そのモデルをOEM供給契約で得る形で販売していたのです。
このモコは中々の売り上げを示しました。
モコの好調ぶりを見たルノー日産は続々とOEM供給の軽自動車を販売します。

  • 2003年:クリッパーシリーズ(OEM元モデル:三菱 ミニキャブバン・トラック)
  • 2005年:オッティ(OEM元モデル:三菱 eKワゴン)
  • 2007年:ピノ(OEM元モデル:スズキ アルト)
  • 2007年:クリッパーリオ(OEM元モデル:三菱 タウンボックス)
  • 2008年:キックス(OEM元モデル:三菱 パジェロ・ミニ)
  • 2009年:ルークス(OEM元モデル:スズキ パレット)

といったように過去からつながりのあるスズキ三菱のモデルをOEMモデルとして販売していたのですが、いつまでも他社に頼りっきりではいけないということから自社生産の本当の意味での日産の軽自動車を作ろうということになったのです。
しかし、前述しました通り日産には独自で軽自動車を作るハードウェアもなければソフトウェアもないということだったので、OEM供給契約を交わしていた経緯から三菱の協力を得ることになったのです。

ただ、そこで取り交わした約束は技術供与や共同開発ではなく、両社でお金を出して軽自動車の開発・設計を行う会社を作ることでした。
おりしも三菱はリコール隠し問題の影響から業績が悪化しており、軽自動車を開発・設計する費用も時間もなかったので、三菱としてもありがたい話だったのです。

それによって設立されたのが「NMKV(「Nissan Mitsubishi Kei Vehicle 」の頭文字)」という合弁会社でした。
この会社が設立された2010年以降は原則として日産と三菱で発売される軽乗用車は、このNMKVで開発・設計されたのち、三菱の部品と生産ラインを使って組み立てたあと、両社で違う車として販売するという流れになりました。
契約的にはここNMKVで開発・設計された車を日産と三菱がOEM供給を受ける形となります。

こんな形で発売されたトールワゴンモデル、それが日産ではデイズとして、三菱ではeKワゴンシリーズとして発売されるNMKV初のモデルとなったのです。

発売は2013年6月のことでこれが2019年2月現在の現行モデルとなります。

ちなみに噂では2019年の3月の後半あたりにモデルチェンジが行われ、新型モデルが発売されるなどといわれていますので、これを皆さんがご覧になった時は2代目モデルになっているかもしれません。
その際はまた更新させていただきます。

日産・デイズのモデル構成・グレード構成

日産・デイズには2つのモデルと5つのグレードが用意されています。

標準モデル

標準モデルには3つのグレードがあります。
下位グレードから・・・

・J グレード
・S グレード
・X グレード

となります。

このグレード構成はちょっと複雑で、通常の軽トールワゴンであれば、装備の違いとかエンジンがNAか過給器付きかといったことだけでグレード分けされることが多いものですが、このデイズで駆動方式によってグレードが決められてしまうというパターンが含まれています。
具体的にいえば・・・

・J グレード:FFモデルのみ
・S グレード:4WDモデルのみ
・X グレード:FF・4WD両方

といった感じです。
言い方を変えれば、FFモデルが欲しいと思っている方は、「J」グレードと「X」グレードからの選択4WDモデルが欲しいと思っている方は「S」グレードと「X」グレードからの選択といったような二択になるということになります。

ではもっと具体的に各グレード間の違いを見ていきましょう。
基本的な装備を備えたFFモデルの「J」グレードを基準として・・・

・4WDシステム
・アイドリングストップ
・バッテリーアシストシステム
・寒冷地仕様の標準化

を追加したのが4WDモデル専用グレードの「S」グレードとなります。
その「S」グレードにFFモデルの選択肢を加え、更に・・・

・FFモデルの寒冷地仕様のオプション化
・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー
・アラウンドビューモニター
・ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー
・IRカット&スーパーUVカットグリーンフロントガラス
・IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンフロントドアガラス
・チルトステアリング機構
・プッシュエンジンスターター
・インテリジェントキー
・オートエアコン
・外気温度計
・シルバー加飾インパネ
・アイボリーカラーのドアトリムクロス
・運転席シートリフター
・助手席シートバックポケット
・イモビライザー

といった装備を追加したものが最上級グレードの「X」グレードとなります。

ハイウェイスターモデル

ハイウェイスターモデルは日産車に広く採用されている共通のモデル形態で少しスポーティーなイメージを持たせたドレスアップモデルです。

このモデルにはグレードは3つ

・ハイウェイスターX グレード
・ハイウェイスターG グレード
・ハイウェイスターGターボ グレード

このモデルではFFと4WDといった駆動方式によるグレードは設けられていないのですが、エンジンによるグレードが設定されていて

・ハイウェイスターX グレード:NAエンジン仕様
・ハイウェイスターG グレード:NAエンジン仕様
・ハイウェイスターGターボ グレード:ターボエンジン仕様

となっています。
駆動方式はすべてのグレードにおいてFFと4WDが選べますが、パワーが欲しいと思っていてターボエンジンモデルがいいという方の場合はおのずと「ハイウェイスターGターボ」グレードを選ぶことになるというわけです。

各グレード間での装備の違いですが、まずハイウェイスターモデルの中で一番下のグレードとなる「ハイウェイスターX」グレードは、標準モデルの「X」グレード相当の装備が採用されていて、それにハイウェイスターモデルならではの装備・・・

・バイキセノンヘッドランプ
・LEDフロントアクセントランプ
・ハイビームアシスト
・オートライトシステム
・シルバーフィニッシャー付本革巻ステアリングホイール
・運転席・助手席バニティミラー
・エボニーカラーのドアトリムクロス
・エボニーカラーのスエード調クロス シート生地
・フロントエアロバンパー
・サイドシルプロテクター
・リヤエアロバンパー
・ルーフスポイラー
・155/65タイヤ
・14インチ×4.5J アルミホイール
・LDW(車線逸脱警報)

を追加した形で構成されています。

この「ハイウェイスターX」グレードに・・・

・6スピーカー
・165/55タイヤ
・15インチ×4.5Jアルミホイール

といった装備を追加したのが、「ハイウェイスターG」グレードで、更に・・・

・ターボエンジンへの置換
・ステアリングスイッチ
・クルーズコントロール

を追加したのが最上級グレードで、デイズのトップグレードとなる「ハイウェイスターGターボ」グレードです。

日産・デイズの動力性能

デイズには2種類のエンジンが用意されています。

3B20型エンジン

3B20型エンジンは三菱の軽自動車用のエンジンで、三菱のアイに搭載されたのをはじめとして、現在ではデイズ以外にも日産のデイズ・ルークスや三菱のeKワゴン、eKスペースなどに採用されています。

・エンジン型式:3B20型
・エンジン排気量:約0.66リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:3気筒
・バルブ構造:DOHC12バルブ MIVEC

スペックは・・・

  • アイドリングストップ機構なし、4WDモデル
  • アイドリングストップ機構付き

で分けれて2種類あり、その違いは圧縮比によってもたらされています。

●アイドリングストップ機構なし、4WDモデル搭載でのスペック

・最大出力:49ps/6500rpm
・最大トルク:6.0kgf・m/5000rpm

※リッターあたり約74ps

●アイドリングストップ機構付きモデル搭載でのスペック

・最大出力:49ps/6500rpm
・最大トルク:5.7kgf・m/5500rpm

※リッターあたり約74ps

軽自動車用のNAエンジンですのでこれくらいのパワースペックで我慢しなければならないとは思いますが、ホンダのNシリーズに搭載されているNAエンジンが58psをたたき出しているところを見るとパワーの無さを余計に感じてしまいます。
街乗り程度ならいいのでしょうが、高速道路を走ることがあったり、車の少ない地方都市などで乗る場合は常にストレスを感じることになりそうです。

3B20型ターボエンジン

このエンジンはNAエンジンモデルに採用されている3B20型エンジンにインタークーラーとターボチャージャーをつけた形で構成されているもので、ハイウェイスターモデルの「ハイウェイスターGターボ」グレードにだけ搭載されています。

・エンジン型式:3B20型
・エンジン排気量:約0.66リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:3気筒
・バルブ構造:DOHC12バルブ MIVEC
・過給器:ターボチャージャー(空冷式インタークーラー付)

スペックは・・・

・最大出力:64ps/6000rpm
・最大トルク:10.0kgf・m/3000rpm

※リッターあたり約97ps

軽自動車における馬力の自主規制値となる64psを発揮させています。
NAエンジンと比べてもパワーで15ps、トルクで4.3kgf・mほど動力性能が上がっていますので軽自動車としてはかなり快適な走りをすることができるでしょう。
特にターボチャージャーの過給によって図太くなったトルクは、3000rpmでマックストルクを発生させるといった低回転トルクに優れた特性となっているため、街中でのゴーストップがかなりよくなるはずです。

日産・デイズの走行性能

デイズがいる軽自動車クラスというのはいわゆる生活車と呼ばれる大衆車の中の大衆車であるため、見た目やエンジンパワー、燃費性能に関してはお金も力もいれて作りますが、目で見えないところ、感覚的な評価を受けるところにはトコトンお金をかけません。
走行性能を決める構造や部品も実はそういった類のものとされていますので、たいしたものではないと理解しておいてください。

トランスミッション

トランスミッションはいわゆる燃費性能を向上させるためのトランスミッションであるCVTが搭載されています。
このCVTは、標準モデル、ハイウェイスターモデル、NAエンジンモデル、ターボエンジンモデル、すべてにおいて差別なく同じもの、同じ変速幅のものが与えられていますが、NAエンジンモデルとターボエンジンモデルの間ではパワーが違うためファイナルギヤのギヤ比だけが違うものとされています。

形式としては「副変速機付エクストロニックCVT」と呼ばれるもので、通常のCVTと同じように1組のプーリーの組み合わせを持ちながらも副変速機をつけたことで変速幅を広くとることができるようにしたものです。
エンジンに負荷がかかる時はより低い変速比で加速を良くし、スピードが乗った時ではより高い変速比でエンジン回転数を抑え、燃費性能の向上に役立ちます。

セレクターレバーの位置は操作性が非常に悪いインパネシフトで、マニュアルモードやパドルシフトなどといった余計な機能は一切付けられていません。

ボディ剛性・強度

三菱の車は比較的ボディ剛性が高いことで有名ですが、開発・設計を行ったのはNMKVですし、コスト削減を求められる車であるため、「三菱製」の軽自動車といっても他社が発売している軽自動車と同じレベルのボディ剛性しか持っていないといえます。
ただ、ダイハツの軽自動車よりははるかに頑丈です。

サスペンション構造

このモデルがということではなく、軽自動車全体を見ても一番手が抜かれるところがこの足周りです。
これも廉価大衆車としては仕方がない部分だと思います。

このモデルのサスペンション構造はフロントにマクファーソンストラット、リヤにトルクアーム式3リンクリジットサスペンションと軽自動車によくあるタイプのものです。
同じく軽自動車によく使われるトーションビームよりもスムーズに動くことから低コストながらなかなかの路面追従性を見せます・・・と言っても所詮は軽自動車ですから生活の足として使う範囲での話です。

日産・デイズの燃費性能

軽自動車のデイズにとって、燃費性能はとても大事なファクターです。
その燃費性能を形作ているのが以下のような低燃費装備たちです。

  • 可変バルブタイミング機構
  • CVT
  • 電動パワーステアリング機構
  • アイドリングストップ機構
  • バッテリーアシストシステム

●可変バルブタイミング機構
可変バルブタイミング機構はエンジンを作っている三菱ではMIVECと呼ばれているもので、このモデルでは吸気側のカムシャフトのみに採用されています。
エンジン回転数や負荷にあわせて吸気バルブの開閉タイミングをずらすことで、その時で最適なバルブタイミング、バルブのオーバーラップを実現して、少ない燃料噴射量でも強い燃焼力を生む出すようにしています。

●CVT
CVTは「トランスミッション」の項でお話させていただきましたので細かいことは言いませんが、能動的にプーリーの変速比を変えることで、なるべるエンジン回転数を上げさせないことで燃料噴射量を減らすことができます。

●アイドリングストップ機構
日産名「停車前アイドリングストップ」、三菱名「オートストップ&ゴー」と呼ばれるこの機能は、ブレーキペダルを踏んで約13km/h以下になった時にエンジンを停止させて、余計な燃料消費を減らすことで燃費性能を向上させようというものです。

●バッテリーアシストシステム
三菱では「アシストバッテリー」と呼ばれるこの機能は、要するに「回生エネルギー回収システム」のことです。

このシステムでは、減速時などエンジンの回転を駆動力として使っていない時にオルタネーターを機能させ発電、その発電によって得られた電気を通常の12V鉛バッテリーとは別に搭載しているパナソニック製のニッケル水素バッテリーに蓄え、装備品などにその電気を使うようにしています。

ニッケル水素バッテリーに蓄えた電気を積極的に使うことでエンジンが走るために動いている時にオルタネーターを稼働させる必要がなく、オルタネーターを回すためのパワーロスが少なくなるため、余計な燃料を使わないで済む・・・といった寸法です。

これら以外にもエンジン単体での低燃費性能や軽量化、空力特性などといったものもありますが、それらをあわせて発揮できる燃費性能は・・・

●NAエンジンモデル
・カタログ燃費:最大25.8km/L
・実燃費:約21km/L

●ターボエンジンモデル
・カタログ燃費:最大23.2km/L
・実燃費:約18km/L

となります。

実燃費も比較的いい数字ですが、ターボエンジンモデルは運転の仕方次第で燃費性能が大きく変わるようです。

日産・デイズのライバルは?

軽トールワゴンとして作られているデイズにはたくさんのライバルがいます。

  • 兄弟車のeKワゴン
  • スズキのワゴンR
  • ホンダのN-WGN
  • ダイハツのムーヴ

この中で最大のライバルとなるのは、日産の永遠のライバルであるトヨタが親会社となるダイハツが作るムーヴでしょう。

ムーヴは、ダイハツが古くから軽トールワゴンで、2019年現在で6代目モデルのLA150型が発売されています。

エンジンスペック比較

●デイズ

NAエンジンモデル(3B20型)
660cc直列3気筒DOHC NAエンジン
・最大出力:49ps/6500rpm
・最大トルク:5.7kgf・m/5500rpm

ターボエンジンモデル(3B20型ターボ)
660cc直列3気筒DOHC ターボエンジン
・最大出力:64ps/6000rpm
・最大トルク:10.0kgf・m/3000rpm

●ムーヴ

NAエンジンモデル(KF-VE型)
660cc直列3気筒DOHC NAエンジン
・最大出力:52ps/6800rpm
・最大トルク:6.1kgf・m/5200rpm

ターボエンジンモデル(KF-DET型)
660cc直列3気筒DOHC ターボエンジン
・最大出力:64ps/6400rpm
・最大トルク:9.4kgf・m/3200rpm

NAエンジンモデルはパワー・トルク共にムーヴの方が上です。
一方、ターボエンジンについては最大出力はどちらも自主規制値一杯までとなっていることから全く同じとなりますががトルクが圧倒的にデイズの方が高い数字となっています。
デイズの方がトルクフルなターボエンジンを搭載している」といえるでしょう。

燃費比較

●デイズ
・NAエンジンモデル:最大25.8km/L
・ターボエンジンモデル:最大23.2km/L

●ムーヴ
・NAエンジンモデル:最大31.0km/L
・ターボエンジンモデル:最大27.4km/L

NAエンジンモデルもターボエンジンモデルも圧倒的にムーヴの方がいい数字となっていますが、ダイハツはあのトヨタの子会社ですので、カタログ燃費も同様に信憑性がありません。
実燃費でしたらほぼ同じぐらいです。

販売価格帯比較

●デイズ:約116万円~約165万円
●ムーヴ:約112万円~約175万円

低価格側はムーヴの方が安く、高価格側はデイズの方が安いといった形になりますが、実際には同じくらい価格であるといっていいでしょう。

先進安全装備も一応ついている

自動車の安全運転はドライバー次第」と考えている私にとって全く興味のない先進安全装備、いわゆる自動ブレーキシステムとか飛び出し事故防止装置などといったものですが、一般の消費者の方にとっては「一生のうちに数回しかお世話にならないもの」なのにこれが相当重要なものらしいので、あえて挙げておきましょう。

デイズには以下のような先進安全装備が付けられています。

  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ
  • LDW(車線逸脱警報)
  • アラウンドビューモニター
  • ハイビームアシスト
  • エマージェンシーストップシグナル

●踏み間違い衝突防止アシスト
ここ最近非常に多いの高齢者ドライバーの飛び出し事故を防ごうとするもので、カメラ映像から障害物を検知し、更に無用なアクセルペダルの操作があった時に警告と自動ブレーキを発動するものです。

●インテリジェント エマージェンシーブレーキ
いわゆる自動ブレーキシステム、カメラ映像で障害物を検知し、それに衝突する恐れがある時に警告を発したり、ブレーキを掛けたりするものです。
投影面積の小さい歩行者での反応する・・・というのがメーカー側の言い分ですが、こういった仕組みはどの自動車メーカーのものでも誤作動が多いものです

●LDW(車線逸脱警報)
自車の位置がカメラで検知した白線(車線)からはみ出しそうになった時に警告をする機能です。
ウィンカーをつけない時だけ機能しますが、白線がきれいに書かれていないと反応しません。

●アラウンドビューモニター
フロントカメラ、左右のドアミラーにつけられたカメラ、リヤカメラ、この4つのカメラの映像を加工してあたかも車を上から見ているかのような映像をルームミラー内のディスプレイに映し出すものです。

はっきり言って細かいところは見えませんし、とにかく小さいので参考程度にしかなりません。

●ハイビームアシスト
カメラで前方の車、対向車線の車を検知し、検知した時だけヘッドライトをロービームに切り替えるといったおせっかいな装備です。

都心部では全く必要ありませんし、誤作動が非常に多いので迷惑極まりない機能です。

●エマージェンシーストップシグナル
急ブレーキを踏んでABSが機能した際にハザードランプを点滅させて、後ろを走る車に注意を促す機能、「ボ~としていて前の車に気が付かなかったから急ブレーキを踏みましただけど、オカマ掘らないでね」と言うちょっと身勝手な機能です。

まとめ

軽自動車の歴史がかなり浅い日産でしたが、三菱のおかげでここまでのし上がってきたといった感じです。
確かに車自体はほぼ三菱製ですし、もっと極端な言い方をすれば、三菱のeKワゴンのOEM供給モデルのようなものですからそういわれても仕方ないでしょう。
なので「日産のデイズ」というよりは「三菱のeKワゴン」を借りて売っている、要するにオッティ時代とほとんど変わっていないということが言えると思います。

まあ、逆にいえば軽自動車初心者の日産の車より、軽自動車では老舗となる三菱の車である方が安心かもしれません。
軽自動車としての出来も三菱らしくよくできた車であるといえるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です