日産

見た目で勝負の日産キューブ、本当はどんな車?その実力は?

自動車に求めることというのはその時代その時代で変わるものですが、少し前まで「低燃費」一辺倒だったのにここ最近ではキャビン内での居住性や快適性を求めるようになってきました。

そういった意見の答えとなるかのように売られているのがトールワゴンというカテゴリーの車、いろいろな自動車メーカーから発売されて大人気となっていますが、実ははるか昔からそういった車は存在しました。
その1台が日産のキューブです。

キューブってこんな車

日産のキューブが発売されたのは1998年のことでした。
当時、三菱から軽自動車のミニカの全高を高めたモデルが発売されていました。
そのモデルはミニカ・トッポというモデルで、当初は生花店など横にできない背の高い荷物を積むことが多い業種用の商用モデルとして作られていたのですが、軽自動車ながら広いキャビンを持つということが人気となり、乗用モデルとしても作られるようになったのです。
実はこのモデルがのちの軽トールワゴンや軽スーパーハイトワゴンの走りで、このモデルの人気を受け、パレットやタント、ワゴンR、ムーヴ、eKワゴンなどといった車が作られるようになったのでした。

そういった傾向は何も軽自動車の中だけではありませんでした。
むしろ軽自動車人気に恐怖を抱いていた登録車しか作ってこなかった自動車メーカーは積極的に同じようなモデルを登録車として作ろうとしたのです。
その1つである日産が取ったのが、マーチのトールワゴン化です。

その当時、日産ではマーチは2代目モデルとなるK11型モデルを発売していました。
まだルノー傘下に入る前で、日産の車らしいつくりが取られていましたが、そのマーチで使っていた小型FFモデル用のプラットフォーム、Bプラットフォームを使い、それに全高1625mmという当時の2ボックスボディを持つ乗用モデルでは考えられないほど全高の高いボディを載せて作ったのが、初代キューブです。


その後、日産がルノーグループに買い取られることになり、車種整理のふるいにかけられることになりましたが、辛くもそのふるいにはかからずに残されることになり、それと同時にモデルチェンジを行い、ルノー色の強いモデルへと変わったのでした。

そのモデルが2002年に発売された2代目モデルのZ11型で、そのモデルがいわゆる第二世代キューブのいろいろな意味での基礎モデルとなります。
 

そして2008年に発売されたZ12型が現行モデルとして販売されています。

キューブのモデル構成・グレード構成

Z12型キューブには2モデル、4グレードが用意されています。

標準モデル

標準モデルは3グレード構成となっています。

・15Xグレード・・・廉価グレード
・15X Vセレクショングレード・・・標準グレード
・15Gグレード・・・最上級グレード

各グレード間の相違点はすべてにおいて装備によるもので・・・
廉価グレードの「15X」グレードに

・インテリジェントオートライトシステム
・インテリジェントエアコンシステム
・4スピーカー
・メッキインナードアハンドル
・後席用アシストグリップ

を追加したのが、「15X Vセレクション」グレードで、
更に

・HIDヘッドライト
・6スピーカー
・運転席用アシストグリップ
・195/55タイヤ
・16インチアルミホイール
・SRSカーテンエアバッグシステム

を追加したものが「15G」グレードとなります。

ライダーモデル

ドレスアップモデルの「ライダー」モデルはモノグレード構成で選択肢はありません。
標準モデルの「15X」グレードをベースに「ライダー」専用のパーツをつけた形で作られています。
ちなみに「ライダー」モデルにおいてもエンジンやドライブトレーンなどに特別なものが与えられるということはありません。

キューブの動力性能

キューブに与えられているパワーユニットは全モデル全グレード共通のHR15DE型となります。

HR15DE型エンジンは、一時の日産の小・中型モデルにおける主力エンジンとされていたもので、2019年現在でもこのキューブの他に、マーチのNISMOモデルや商用ライトバンのNV150ADにも使われています。

構造は、1.5リッター直列4気筒DOHC 16バルブで、バルブ機構に低燃費装備としてCVTCと呼ばれる油圧式の連続可変バルブタイミング機構が組み込まれています。

スペックは・・・

・最大出力:111ps/6000rpm
・最大トルク:15.1kgf・m

と大衆車なりのごく平凡な数字で、決して「パワーがある」とか「機敏に走らせることができる」といったこととは縁遠いものといっていいでしょう。

とかくこういった大衆車のエンジンスペックを語ると一般的に「必要にして十分」とか「思いのほか走る」とか「加速がいい」などと褒めちぎられることが多いですが、それはあくまでも商売上のトークで「自動車メーカーから広報車を借りて試乗させてもらった以上、悪いことは言えない」といったことから出た言葉です。

実際のそれなりの距離を運転した人間が言うのですから間違いありません、この車の動力性能で満足できるのは、ゴーストップが多くアベレージスピードの低い都心部だけです。
それくらいのパワーしかないと思ってください。

キューブの走行性能


冒頭でも申しました通り、このモデルはK11型マーチのトールワゴンバージョンとして作られたモデルで、実は2代目キューブとなるZ11型もK12型マーチがベース、そして現行モデルとなるZ12型キューブもZ11型のプラットフォームのホイールベースを延長したもの、要するに現行モデルもK12型マーチと同じBプラットフォームが使われているということになります。

このBプラットフォームは設計がかなり古いもので、低コストで作ることができるということを重視して設計されたのもので、そのためにないかといろいろな性能が犠牲になってしまっているものでもあります。

ボディ剛性・強度

低コストで作れる小型FFモデル用のプラットフォームですから少なくても剛性の高いシャシー、ボディが与えられていないということだけははっきりといえます。
特にキューブの場合、ボクシーなデザインと広いキャビン空間を持たせるために、車体寸法一杯までボディパネルを追いやったり、ルーフの高さを高く取っていることから物理的にも剛性や強度が弱くなってしまいます。

トヨタの車ほどひどくはありませんが、やはりそれなりの年月を乗り続けていくとボディのヨレが顕著に出始め、サスペンションが動く前にボディが動いてボディ全体がサスペンションと化してしまうようになります。

サスペンション構造

キューブのサスペンションは、いわゆる大衆FFモデルの典型となる低コスト構造が採用されています。
フロントサスペンションは一応、独立懸架のマクファーソンストラットが採用されていますが、リヤサスペンションはリジットサスペンションとなるトーションビームとなります。

そもそもトーションビームはまっすぐ走ることには適したサスペンション構造ですが、片側のタイヤの動きの影響をその反対側のタイヤがもろに受けてしまう構造ですのでそれを採用したモデルでは何かといろいろなデメリットが出ます。

乗り心地の悪さ、リヤアクスルのバタつき、サスペンションストローク不足、リヤタイヤのグリップ力の低下などいろいろと悪い症状が出ます。

はっきり言って、キューブにおいて自動車評論家なる方々が褒めちぎるような「手応えもしっかりとしていて、小気味よく曲がる・・・」といったようなことは現実にはなく、実際には大衆車なりの普通の走りしかできません。
その辺は所詮マーチですから・・・。

キューブの燃費性能


2019年現在、現行モデルとなっているZ12型は、2008年に発売開始となったモデルです。
2008年に発売が開始されたということはそれよりももっと前から開発、設計が行われていたということにもなります。
この当時、日産は今以上に「低燃費」とか「エコ」とか「ハイブリッドカー」というものに興味を持っておらず、一番燃費性能を気にする消費者が集まるコンパクトカークラスにおいても他の自動車メーカーのように積極的に「低燃費」に取り組んでいませんでした。

当然ながらこのキューブにおいてもそれまでの設計の概念を大きく変更するような低燃費装備は採用されておらず、されているものといえば・・・

・CVTC(連続可変バルブタイミング機構)
・エクストロニックCVT(・・・といってもごく普通のCVT)
・オルタネーター制御
・電動パワーステアリング
・アイドリングストップ機構

といったものだけとなります。

そのためライバル企業が販売するような車ほど燃費はよくなく、

・カタログ燃費:19.0km/L

といった数字しか出せません。

もちろんこの数字はカタログ燃費ですので実燃費はもっと悪くなります。
例えば15Xグレードの平均実燃費を挙げてみるとこのような感じです。

・高速道路(100km/h+αで巡行・渋滞なし):約15.0km/L
・幹線道路(地方によくある流れのいい一般道):約14.0km/L
・市街地(ゴーストップの多い都心):約10km/L

やはり思ったほどよくありません、特に市街地走行では運転し方次第では10km/Lを下回る勢いです。

キューブのライバルは?

キューブのライバルといえば少し前まではトヨタのbBというのが定番でしたが、現在は生産終了となってしまい、現行車種ではなくなりましたので除外されます。
となると、1.5リッタークラスのエンジンを搭載したトールワゴンというライバルとしての条件にあうモデルとなると・・・トヨタのポルテ・スペイド兄弟車が妥当ということになります。

ポルテ・スペイド兄弟車は、同社のヴィッツを流用して作られたトールワゴンでトールワゴンながら左右非対称のボディと電動スライドドアを持つことが特徴のモデルです。
キューブもさすがに電動スライドドアまでは持ちませんが、マーチベースのトールワゴンとして作られていて、左右非対称のデザインを持つボディを持つことからかなり近いモデルであることがわかります。

エンジンスペック比較

ポルテ・スペイド兄弟車はプラットフォームもヴィッツと全く同じですので、エンジンを載せる部分の作りも共通であることからエンジンも全く同じ1NZ-FE型が搭載されています。
このエンジンは、トヨタの1.5リッタークラスの主力エンジンとされているもので、いわゆる低燃費エンジンとされるものです。
そのため、エンジンスペック的にはかなりレベルが低く、仮にポルテ・スペイド兄弟車のサイズの小さい車体を走らせるのにおいてもパワー不足を感じる事となります。
1NZ-FE型エンジンのスペックは・・・

・最大出力:103ps/6000rpm
・最大トルク:13.5kgf・m/4400rpm

といった感じで、パワー的にはリッターあたり68.6psとかなり低い数字がはじき出されます。

キューブに搭載されているHR15DE型エンジンは・・・

・最大出力:111ps/6000rpm
・最大トルク:15.1kgf・m

となるため、パワーにしてもトルクにしてもキューブの方が上回ります。

車両重量がどちらも1.2トン前後となっていることを踏まえてみても、動力性能面はキューブの方が優れているといえるでしょう。

燃費比較

相手がトヨタの車ですから、燃費面では到底かなわないだろうと思いがちですが、ポルテ・スペイド兄弟車のカタログ燃費を見てみるとそれが間違いであることに気が付きます。

ポルテ・スペイド兄弟車のJC08モード燃費:最大22.2km/L

確かにキューブの持つ・・・

キューブのJC08モード燃費:最大19.0km/L

よりは優れている数字ですが、燃費を向上させるためにエンジンパワーを落としているのにたった3.2km/Lだけの差というのもちょっとがっかりです。
もちろんポルテ・スペイド兄弟車においてもいろいろな低燃費装備が付けらえているわけですのでもっと良い数字が出てもいいような気がします。

それにあのトヨタのカタログ燃費ですからその数字自体があてになりません。
実燃費を比較してみてみると・・・

・高速道路(100km/h+αで巡行・渋滞なし):約16.0km/L
・幹線道路(地方によくある流れのいい一般道):約12.0km/L
・市街地(ゴーストップの多い都心):約10km/L

とキューブとさほど変わらない、場合によってはキューブの方が上回るといった結果が出ました。

ということは燃費に関しては差がないということが言えます。

販売価格帯比較

キューブとポルテ・スペイド兄弟車のの販売価格帯を比較してみましょう。

・キューブ:約162万円~約203万円
・ポルテ・スペイド兄弟車:約183万円~約213万円(特別仕様車を除く)

キューブはグレード数が少ないのでグレードによる販売価格の差があまりありませんが、ライダーモデルというオーテックモデルが含まれることによって高価格帯の金額を高めることになっています。
対してポルテ・スペイド兄弟車は特別なモデルもないのに、低価格帯も高価格帯もキューブを上回る形となっています。
もしかしたらこれが電動スライドドアの価値なのかもしれません。

キューブ・ライダーとは?

キューブには「ライダー」というモデルが設定されています。
このライダーモデルは日産の特装部門(特殊なトラックやバス、福祉車両などの改造車両などを作る部門)であるオーテックジャパンが手掛けたドレスアップモデルで、このモデル専用のパーツを追加した形で一種の改造が施されたものです。

ただ、あくまでもドレスアップモデルとしての改造のですので、標準モデルとの違いは外装・内装の見た目だけ、エンジンもトランスミッションもドライブトレーンもサスペンションも全く同じです。
なのでこのモデルだからといってエンジンパワーが高められているとか、コーナーリング性能がよくなっているということも絶対にありません。

ライダーモデルならでは装備は以下のようなものです。

・専用インテリアパネル
・専用シート生地
・専用エクステリアパーツ
・16インチアルミホイール
・HKS製車検対応マフラー

まとめ

マーチを基本とする日産のコンパクトカーの中で唯一、男性ドライバーが堂々と運転できるモデルがこのキューブであるわけですが、さすがに発売から10年以上が経つとなると見た目にも技術的にも新鮮さが失われます。

それにそもそも大衆車であって無難さが求めらる車であることから当初から特別な技術や装備が付けられているとか、燃費が格段と優れている、パワーがある、走りがいいといった性能面での優位性を持たされていないので、余計にそういった感覚になるのでしょう。

見た目重視で車を選ぶ方にはいい車かもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です