レクサス

UXはC-HRのレクサス店バージョンだ!そしてプリウス4兄弟車でもあった

SUVの意味、クロスオーバーSUVとの違いもきちんと理解されていないまま、流行だけが独り歩きしている感があるSUVブーム、正しくは「SUVブーム」ではなく「クロスオーバーSUVブーム」なのですが・・・。

このWebページを見ている方で・・・

  • トヨタのC-HRが「SUV」だと思っている
  • 「SUV」と「クロスオーバーSUV」が同じだと思っている
  • 自動車メーカーや大手メディアが言っていることがすべて正しいと思っている

といったことのいずれかに該当する方は、そういった独り歩きをしている似非SUVブームの犠牲者といっていいでしょう。
そういった間違った概念、ブームが広まるのは、他でもない車を売って儲けを出す自動車メーカーや販売店、そしてその恩恵に授かるメディアや商店などが商売をしやすい土台を作ろうとしているからです。

そんな中で発売されたのトヨタのレクサス店販売モデルのUXですが、このモデルも間違いなく「SUV」ではなく「クロスオーバーSUV」で、それもクロスオーバーSUVに求められる(SUVだとしても求められる)オフロード走行性能をこれっぽっちも持っていないオンロード型クロスオーバーSUV「オンロード型」といっている時点で本来はSUVでもクロスオーバーSUVでもないのだが・・・)としてつくられているモデルです。

そして更に既存モデルであるC-HRの兄弟車としても扱われています。
C-HRというとプリウスベースの「なんちゃってクロスオーバーSUV、これが兄弟車であるということはこのUXも「なんちゃってクロスオーバーSUVであることは確実ですが、プリウスとの関係性もかなり強い車であるということになります。

ここではC-HRとの関係性の他に、更に深い部分のプリウスとの関係性も探っていきたいと思います。

クロスオーバーSUVとSUV、そして「なんちゃってクロスオーバーSUV」

UXのことに触れる前に、まずはクロスオーバーSUVが何たるか、SUVが何たるか、「なんちゃってクロスオーバーSUV」って何?・・・というところから理解していきましょう。

SUVって?

SUVは、「Sports・Utility・Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)」の略したもので、直訳すると「スポーツに役立つ車」、もっとわかりやすくいえば、「スポーツを楽しむために使う車」ということになります。
しかし、ここでいうスポーツとは、テニスとかサッカーとか野球といったものではなくアウトドアスポーツのことを言います。

もともとSUVはアメリカで生まれたもので、アメリカの地方都市に住む若年層がピックアップトラックをサーフィンやスキー、キャンプ、登山、ロッククライミングなどといったアウトドアスポーツをしに行く時につかったことから始まります。

もちろんセダンやステーションワゴンでもよかったのですが、ピックアップトラックの積載能力の高さが荷物が多くなるアウトドアスポーツにピッタリだったのです。
しかし、1列シートのシングルキャブのピックアップトラックでは最大で3人しか乗れませんし、アメリカにおいてアウトドアスポーツが楽しめるような場所は、舗装が行き届いておらず未舗装路や道なき道を進んでいかなければならないこともあったので、次第に2列シートのダブルキャブ型のボディシェル、多少の悪路、雪道でも安心して走れるパートタイム4WDシステムを搭載したピックアップトラックが用いられるようになったのです。

実はこれがSUVの基礎となるモデルで、ここから下記のようなSUVの定義が導かれます。

●SUVの定義

・ピックアップトラックベースであることからラダーフレームを持つこと
・荷物が多くなるアウトドアスポーツに対応できるような積載能力を持つこと
・クロスカントリー4WDまでとは言わないが、それなりの悪路走破性を持つこと

この定義がすべて該当する車のことだけをSUVと呼びます。

クロスオーバーSUVはどういう車?

SUVに対してクロスオーバーSUVとは何だろうか?ということですが、これは昨今の車の作られ方によって生まれたジャンルです。
最近の車は生産性を高めるため、生産コストを抑えるため、乗り心地を良くするために薄い鉄板を複雑に曲げて箱型形状としたものをフレームとするモノコックフレーム、モノコックボディというものを使うようになり、ラダーフレームは一部のクロスカントリー4WDモデルやトラックといったモデルだけにしか使われなくなりました。

そこへもってきて何やらSUVが流行り始めてきたということで、どの自動車メーカーも急いでSUVを開発・設計しようとしたのですが、残念ながら乗用車用のラダーフレームは数十年前に作るのをやめてしまい、それを再生産する設備を用意するのもお金がかかるということがわかったのです。

そこで自動車メーカーが考えて考えぬいた策が・・・

「モノコックフレームでSUVを作ってしまえ」

でした。
ラダーフレームではなく、モノコックフレームを使ってつくられたSUVはもはやSUVではありません。
仕方がない、それを肯定する言葉を作ってしまえということで、「モノコックフレームを持つ乗用車」と「SUV」のクロスオーバー(異なるもの同士を融合させること)させたということで「クロスオーバーSUV」としたのです。

なので簡単にいえば、クロスオーバーSUVとは「SUVの定義を満たしていないモノコックフレームを持つSUVに似せたワゴンモデル」ということになります。

「なんちゃってクロスオーバーSUV」とは何?

クロスオーバーSUV自体がSUVの「なんちゃってバージョン」であることは間違いないのですが、そのクロスオーバーSUVの更なる「なんちゃってバージョン」が「なんちゃってクロスオーバーSUV」です。

これは主に販売戦略的な観点から生まれたもので、早い話がクロスオーバーSUVが人気だから売れないモデルをそれに寄せて作りかえてクロスオーバーSUVブームに便乗してしまおうということで作られた車のことを言います。

クロスオーバーSUVが「SUV風ワゴンモデル」とするならば、なんちゃってクロスオーバーSUVは「SUV風味のワゴンモデル」あるいは「大衆車のクロスオーバーSUV添え」といえるのではないかと思います。

トヨタ・UXってこんな車

さてトヨタ・レクサス店のUXですがいかがでしょう。
前項でご説明させていただいたことを踏まえて考えると、SUVでしょうか?クロスオーバーSUVでしょうか?それともなんちゃってクロスオーバーSUVでしょうか?

まずSUVでないことは確実です、なぜならSUVの定義のすべておいて適合していないからです。

ラダーフレームでもない、積載能力も低い、オフロード走行性能もほとんど持っていない・・・これではどう考えてもSUVではないでしょう。

次にクロスオーバーSUVとしてですが、これもSUVのすべての提議に適合していないのでは怪しいものです。
となると最終的に「なんちゃってクロスオーバーSUV」ということになりますが、多分これが一番しっくりくるでしょう。

そもそもこのUXというモデルは2018年の11月に、先に発売されていたC-HRのコンポーネントを使って作られたC-HRの兄弟車です。
要するにC-HRのトヨタ・レクサス店転用モデルということになります。

そしてC-HRは、ZVW50型プリウスのクロスオーバーSUVとして作られている車なので、直接的にZVW50型プリウスと関連性がなくても共通する部分がかなり多いですので、遠い兄弟車、へんな言い方ですが「父親が違う兄弟」車といったような感じになります。

ではここでZVW50型プリウスとC-HR、そしてC-HRとUXの違いを見てみましょう。

ZVW50型プリウスとC-HRの違い

●同じ部分

・プラットフォーム
・ハイブリッドシステム
・ハイブリッドモデルのエンジン
・ハイブリッドモデルの電気モーター
・ハイブリッドモデルの駆動用バッテリー
・ハイブリッドモデルのトランスミッション
・サスペンション構造
・ブレーキ構造

●違う部分

・ボディ形状
・ボディシェル
・エクステリアパーツ
・内装
・インテリアパーツ
・快適装備の一部
・モデルのバリエーション:CH-Rにはガソリンエンジンモデルがある
・ホイールベース:足周りの部品が一部違うことからC-HRの方が6センチほど短くなっている
・ロードクリアランス
・タイヤの外径

こうしてみるとやはり「プリウスのクロスオーバーSUV」といわれるのも当然だと思います。

そっくり度:95%

です。

C-HRとUXの違い

●同じ部分

・プラットフォーム
・ホイールベース
・ハイブリッドシステム
・ハイブリッドモデルの駆動用バッテリー
・ハイブリッドモデルのトランスミッション
・サスペンション構造
・ブレーキ構造

●違う部分

・ボディ形状
・ボディシェル
・エクステリアパーツ
・内装
・インテリアパーツ
・快適装備の一部
・ハイブリッドモデルのエンジン:C-HRは1.8リッターエンジン、UXは2リッターエンジン
・ハイブリッドモデルの電気モーター:C-HRは1NM型、UXは3NM型
・ガソリンエンジンモデルのエンジン:CH-Rは1.2リッターターボエンジン、UXは2リッターNAエンジン
・ガソリンエンジンモデルのトランスミッション

外観的、そしてパワーユニットのバリエーションなどが大きく違いますが、土台となる部分はC-HRと全く同じものですので、C-HRとUXは切り離して考えることはできないでしょう。

自動車評論家の中には「ボディサイズが違うから全くの別物」などといったとんでもないことをいっている方がいますが、ボディサイズなどバンパー形状やフェンダーパネル形状によっていくらでも変えることができる流動的なものですので、それを挙げて同じだとか違うといった判断をすること自体が大間違いです。
こういったいい加減な情報がさも正しい情報であるかのように掲載されてしまうのはかなり危険なことだと思います。

両車はほぼ同じ車です。

そっくり度:90%

といっていいでしょう。

トヨタ・UXのモデル構成・グレード構成

UXには、2つのモデルと8つのグレードが用意されています。

駆動方式は基本となるFFレイアウトの2WDと電気モーター式簡易型4WDシステムを搭載した4WDがあります。
4WDモデルの設定は構造的にハイブリッドモデルだけで、ハイブリッドモデルの全グレードで選択することができます。

ガソリンエンジンモデル

UX200」というモデル名が付けられているのがこのガソリンエンジンモデルです。

・標準グレード
・バージョンC グレード
・バージョンL グレード
・F SPORT グレード

グレード間の違いは装備のみで、標準グレードを基準として・・・

・パーキングサポートブレーキ
・LEDフロントフォグランプ
・LEDコーナリングランプ
・雨滴感知式オートフロントワイパー
・広角・自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー付ドアミラー
・電子キー2個+カードキー1個 付スタートシステム
・運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能付パワーイージーアクセスシステム
・ステアリングヒーター
・運転席・助手席ヒーター、8Wayパワー調整機能付L texシート (
・レクサス クライメイト コンシェルジュ

を追加したのが「バージョンC」グレード、そして更に・・・

・225/50サイズ ランフラットタイヤ
・18インチ×7Jアルミホイール
・アダプティブハイビームシステム
・ITS Connect
・三眼フルLEDヘッドランプ
・LEDフロントターンシグナルランプ
・ヘッドランプクリーナー
・撥水機能付UV・IRカット/遮音タイプフロントドアガラス
・フローティングベントコントロールイルミネーション
・ハンズフリーパワーバックドア
・運転席・助手席ベンチレーション機能&ヒーター付本革シート

を追加装備したのが最上級グレードとなる「バージョンL」グレードとなります。

なんちゃってクロスオーバーSUVながら用意されたスポーティードレスアップグレードの「F SPORT」グレードには、標準グレードの装備に加えて・・・

・「F SPORT」グレード専用フロントグリル
・「F SPORT」グレード専用フォグランプベゼル
・「F SPORT」グレード専用フロントバンパーロアモール
・「F SPORT」グレード専用リヤバンパーロアモールバンパー
・アクティブサウンドコントロール
・225/50サイズ ランフラットタイヤ
・「F SPORT」グレード専用デザイン 18インチ×7Jアルミホイール
・パーキングサポートブレーキ
・LEDフロントフォグランプ
・LEDコーナリングランプ
・雨滴感知式オートフロントワイパー
・広角・自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー付ドアミラー
・電子キー2個+カードキー1個 付スタートシステム
・運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能付パワーイージーアクセスシステム
・ハンズフリーパワーバックドア
・「F SPORT」グレード専用8インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
・「F SPORT」グレード専用ディンプル本革ステアリングホイール
・「F SPORT」グレード専用ディンプル本革セレクターノブ
・「F SPORT」グレード専用アナログクロック
・「F SPORT」グレード専用アルミ製スポーツペダル
・ステアリングヒーター
・スカッフプレート
・ソフトパッド表皮巻きニーパッド
・「F SPORT」グレード専用 L texスポーツシート (運転席・助手席ヒーター付)
・レクサス クライメイト コンシェルジュ

が装備されています。

このモデルも他のトヨタ・レクサス店販売モデルにある「F SPORT」グレードのように見た目だけをスポーティーに仕立てただけといったものですので、「F SPORT」グレードだからといって他のグレードよりも速く走れるというものではありません。

それにこの車は一応、実用車のクロスオーバーSUVなのですから「速さ」を求める必要もありません。

ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルは「UX250h」と呼ばれるモデルです。
このモデルもグレード構成は4つで、装備の相違点に関してもUX200とほぼ同じです。

・標準グレード
・バージョンC グレード
・バージョンL グレード
・F SPORT グレード

ただ、ハイブリッドモデルならでは装備としてこのモデルにだけ

・車両接近通報装置
・EVドライブモードスイッチ

が装備されています。
それ以外の装備はガソリンエンジンモデルもハイブリッドモデルも同じです。

トヨタ・UXの動力性能

UXではモデルごとに各1つずつのパワーユニットが用意されています。

2リッターNAエンジン

これは「UX200」に搭載されているエンジンです。

・エンジン型式:M20A-FKS
・エンジン排気量:約2リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:4気筒
・バルブ構造:DOHC16バルブ
・燃料供給:半直噴 (D-4S)

スペックは・・・

・最大出力:174ps/6600rpm
・最大トルク:21.3kgf・m/4000rpm~5200rpm

※リッターあたり:約87ps
※パワーウェイトレシオ:8.6kg/ps

このエンジンは、トヨタ曰くTNGAの概念に沿って作られた新しいタイプのエンジン、ダイナミックフォースエンジンシリーズのひとつらしいですが、結局は既存のZR系エンジンを改良したもので、エンジンの名称の付け方が変わったことで「6ZR」ではなく全く別の名称になっただけのものです。
基本構造的には既存ZR型エンジンとほぼ同じといえます。

このエンジンの搭載モデルとしては、国内向けモデルの中ではこのUXが初めてとなりますが、このモデルと同じプリウス兄弟車の1台で、C-HRのハッチバックワゴンモデルであるカローラスポーツの北米向けモデル、それからC-HRの中国向けモデルに搭載されています。
なので、それらのモデルの兄弟車であるUXにこのエンジンが搭載されるのもごく当たり前のことといえます。

それにしても、低燃費を目指すのはいいですが、2リッターNAエンジンで174psはあり得ません。
これがノアやヴォクシー、エスクァイアといった大衆ミニバンやアリオン・プレミオのような大衆セダンであるのならいいですが、高額車両を販売するトヨタ・レクサス店で販売されているモデルで仮にもスポーティーなクロスオーバーSUVをうたって販売しているモデルで174psという体たらくは何でしょうか。

2.5リッターハイブリッドシステム

これは「UX250h」に搭載されているパワーユニットです。

●エンジン
・エンジン型式:M20A-FXS
・エンジン排気量:約2リッター
・エンジン形状:直列
・シリンダー数:4気筒
・バルブ構造:DOHC16バルブ
・燃料供給:半直噴 (D-4S)

●電気モーター
・形式:3NM型

スペックは・・・

●エンジン
・最大出力:146ps/6000rpm
・最大トルク:19.2kgf・m/4400rpm

●電気モーター
・最大出力:109ps
・最大トルク:20.6kgf・m

※システムパワー:184ps
※リッターあたり:約92ps
※パワーウェイトレシオ:8.5kg/ps

この組み合わせも国内向けモデルとしては初めての採用となりますが、M20A-FKSエンジンと同様に中国向けC-HR北米向けカローラスポーツのカローラハッチバックに既に採用されているものです。

エンジンのM20A-FXSはガソリンエンジンモデルのM20A-FKSをミラーサイクル化アトキンソンサイクルではないバルブタイミングを操作して実現した疑似アトキンソンサイクル)したエンジンで、プリウスやC-HR、カローラスポーツ、ノア三兄弟モデルなどに搭載されている2ZR-FXE型の後継エンジンとなるものです。

3NM型電気モーターは、プリウスやC-HR、カローラスポーツなどに搭載されている1NM型をパワーアップさせたものでAXVH70型カムリに搭載されているものと同じです。

ちなみにハイブリッドモデルに用意されている4WDモデルの後輪駆動用電気モーターは1MM型と呼ばれるものですが、この電気モーターはZVW50系プリウスの4WDモデルに使われているものと同じです。

パワー的にはガソリンエンジンモデルよりもパワフルになっていますが、それでもたった10psアップの184psですので、オンロード向けのなんちゃってクロスオーバーSUVだとしても走りを楽しむまでのことはできないでしょう。
せっかくエンジン排気量が兄弟車よりも200ccほど大きくなっているのにたったこれぽっちのパワーでは無駄なエンジン排気量の拡大に終わったような気がします。

トヨタ・UXの走行性能

UXは仮にもクロスオーバーSUVですので、悪路走破性についても触れておきます。

トランスミッション

トランスミッションは2種類、モデルごとに設定されています。

●ガソリンエンジンモデル(UX200)
このモデルにはちょっと特殊なCVTが搭載されています。
これは「Direct Shift-CVT」と呼ばれているもので、基本的な構造は、1対のプーリーと金属ベルトがあり、プーリーの有効径を能動的に変化させて変速比を無段階に変化させるといったごく普通のCVTと変わりがないのですが、プーリーの一部にギヤを取り付けて、15km/h以下のスピードで走る時や0発進からそのスピードに達するまでの間だけ、ベルト駆動ではなく有段式オートマチックトランスミッションのようにギヤで駆動されるといった構造になっているのです。

わかりやすいように言えば、超低速域だけを担当する1速だけギヤ駆動で、それ以上にスピードでは通常のCVTのようにベルト駆動の無段階変速をするといった感じです。
これはCVTの最大の欠点である加速時のベルトの滑りをカバーするための構造で、CVTならでは「もっさりスタート」がスポイルされます。

ただ、ギヤ駆動となるのは15km/hいかの超低速域だけですので、中間加速などの際に発生したベルトの滑りには全く効果を表しません。

●ハイブリッドモデル(UX250h)
ハイブリッドモデルのトランスミッションは、他のTHS-II搭載のトヨタのハイブリッドモデルの例に漏れず、ハイブリッドシステムの構造の一部となっているギヤ式無段変速機が採用されています。
はっきりいって、「可もなく不可もなく」です。

ボディ剛性・強度

UXも立派なトヨタの車ですからいくらトヨタ・レクサス店で販売されているモデルだからといってもボディ剛性の弱さは隠せません。

クロスオーバーSUVですから本来はオフロード走行性能も考えたつくりにしなければならず、シャシーやボディに関してももっと強固なものしないといけないものですが、作る側はお金がかかるからやりたくない買う側はそんなこと知らないですし、そもそもクロスオーバーSUVが何たるかを知らないのでそれ以上のものを求めないので、結果的にこんな程度の剛性しか持っていない車になってしまったのです。

時々ならいいですが、オフロード走行を頻繁にしたり、勘違いしてクロスカントリー4WDモデルのような走り方をしたら一発でボディがねじれます

サスペンション構造

サスペンション構造においてもいわゆるプリウス4兄弟車(プリウス、C-HR、カローラスポーツ、そしてUX)で共通となる部分です。

フロントにマクファーソンストラット、リヤにダブルウィッシュボーンが採用されています。

このモデルは大衆車の転用モデルであるため、他のトヨタ・レクサス店販売モデルのようにエアサスペンションや特殊なショックアブソーバーが採用されることはなく、ごく普通の四輪独立懸架とされています。

しかし、仮にもクロスオーバーSUVなのにまるでオンロードだけを走る車のような構造とセッティングにはあっけにとられます。
クロスオーバーSUVで許される程度の軽いオフロードでもこの車はきっとまともに走ることはできないでしょう。

トヨタ・UXの燃費性能

●2.0リッターNAエンジンモデル(UX200)

・カタログ燃費:最大17.2km/L
・実燃費:約10km/L

●ハイブリッドモデル(UX250h)

・カタログ燃費:最大27.0km/L
・実燃費:19km/L

カタログ燃費が良くても実燃費が大幅に低くなるのがトヨタが作った車の特徴です。
まあ、ただトヨタ・レクサス店で販売されているモデルを買うぐらいですからきっと燃費性能など気にならないのでしょう。

まとめ

プリウスと比べてもC-HRと比べてもパワーユニットが違うだけでそれ以外の基本的な部分がほぼ同じであることがわかりました。
従って、プリウスのハッチバックモデルであるカローラスポーツもあわせて・・・

「プリウス4兄弟車」

UXもこの一言で表現できる車の中の1台といえるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です